HEART STATION

宇多田ヒカル | 上野三樹 / EMIミュージック・ジャパン

Rolling Stone Japan 編集部 | 2008/03/10 00:00

ポップ・ミュージックの神髄
06年の『ULTRA BLUE』以来となる最新作『HEART STATION』。「Beautiful World」などの超強力シングル曲が収録され、新曲たちも負けじと色濃く現在の宇多田ヒカルを証明する一枚。クールなトラックと芸術的なコーラス・ワーク。そのクオリティが極められるにつれ、言葉はどんどん自由に人々の心の隙間に入り込む独創性を帯びたのだ。今の彼女が抱えた喪失感と終わらない孤独、そのなかで得た強さと新たなるピュアネスが闘志を貫くポップ・ミュージック。デビュー作に真っ向勝負できる作品は今のところコレ。

RECOMMENDED

おすすめの記事