FLOWER OF WOMEN feat. Chara

By RollingStone Japan 編集部
1110-flower-chara_00

“旬”な女性たちにフォーカスし、その表現本能を暴き出す本コーナー。 デビュー20周年目を迎え、より神秘的で艶やかな魅力を備えたCharaが、今、開花する。

まるでウエディングのような花の冠。かわいく、そして神秘的。まさしく“音楽と結婚する”をコンセプトに掲げたCharaにふさわしいヴィジュアルだ。ちょうど今年でデビュー20周年。思えば、彼女は常にふたつの顔を僕たちに見せてきた。ひとつは音楽的な実験、冒険に挑む音楽家の顔。それを存分見せてくれたのが、前作の『Dark Candy』。そしてもうひとつは、彼女自身の素顔というべき女子の顔。それが最新作『うたかた』で表現されている。

音で言えばデモ・ヴァージョンのようなサウンドに彼女の声が重なる。その素顔の音楽は、この20年間ずっと変わっていないし、本人もそれを否定しなかった。

「20年間もやってるけど、私の奥底には変わらない部分があって、それを今、出す必要を感じたの。音楽ってなんだか神秘的な力があるでしょ? 私はずっとそれを感じてきたし、その力を信じてきた。無神論者だけど、神秘主義者という感じかな。そしてこのアルバムは、そういう私を感じるアルバムにしたかったの」

その神秘的な力は、言葉においても顕著だ。“日本語”しかも、“ひらがな”と“間”で表現された歌詞カードは“読む人への楽譜”のよう。「やっぱり日本語の歌詞が好き。昔は他の人が使わないような日本語を意図的に選んでいたけど、最近はどこにでも“落ちてるような”言葉が好きになった。素直な日常語を使う勇気みたいなものが、私のなかに生まれてきたのかも。そういう言葉にこそ日本語の奥深さも感じる。そして、日本語をひらがなで書くと、もっとその奥深さと自由さを感じられるような気がするの」

確かに、今作の詞はその説明のとおり。タイトル『うたかた』も“泡沫”とも“歌方”とも読める。ちなみに日本語のアルバム・タイトルは2回目。ひらがな表記のタイトルはこれが初だと教えてくれた。

TOPICS

RECOMMENDED