FLOWER OF WOMEN feat. 栗山千明

By RollingStone Japan 編集部

ドレス 21万2100円(BOWIE/LAKIC ☎03-6419-3042)

女優としてのキャリアは10年以上、ベテランと言っても過言ではない栗山千明。 少女のようなイノセンスと大人の妖艶さ──栗山千明が危うい“華”を咲かせた。

まさにロックンロール・サーカスとも言うべき作品が生まれた。女優としてのキャリアは言うまでもない栗山千明は、大の音楽好き、さらにいえば、ロック好きである。10年に流麗なミディアム・バラード「流星のナミダ」で歌手デビューを果たした栗山は、その約1年後、「可能性ガール」というポップ・ロックを携えて戻って来た。曲を手掛けたのは、日本が誇るロックンローラー布袋寅泰。その数ヶ月後には浅井健一が、さらにその2ヶ月後には椎名林檎が、曲を提供し、立て続けにシングルをリリース。そして、翌月にデビュー・アルバム『CIRCUS』を発表するに至る。正に大型新人としては、申し分のないスタートを切ったのだ。

「とりあえず言うだけは言えるじゃないですか(笑)。だから、とにかく好きなアーティストの方々の名前を出して曲のオファーをしてもらったんです。まさかこれだけの方々に曲を書いていただけるなんて、想像もしていませんでした。『え、何、夢? 何が起こってるの!?』みたいな(苦笑)」

確かに新人としてはありえないほど豪華なメンバーが揃っている。だが、それはただの新人ではなく、女優・栗山千明のデビューだからこそ、強者ぞろいのアーティストたちがむしろ楽しんで参加したのだろう。

「ホントに芝居をやってきて良かったなと思いましたよ。面白かったのは私を見た作品(映画やドラマ)によって、印象が全然違うんですよね。私をイメージして曲を書いてくださってるんですが、みなさん、こんなにも違うんだなって。曲をいただくたびにビックリしたし、うれしかったです」

布袋は元気でポップな側面を、浅井は妖艶でダークな一面を、そして椎名は直情的な“女の子”らしい栗山を表現した。そのほかのアーティストたちも同様に、彼ら独自の“妄想”を結実させ、実にバラエティに富んだ楽曲が集まった。アルバムのタイトルはそのバラエティの豊かさに所以する。

TOPICS

RECOMMENDED