94-14 COVERS

TOWA TEI | 坂野晴彦(RSJ) / ワーナー

Rolling Stone Japan 編集部 | 2014/09/10 00:00

20周年3部作のラストはカバー・ベスト
20年のキャリアの中で、ほぼすべてのアルバムでカバー曲を発表してきたテイ・トウワ。本作は彼がこれまでカバーしてきた曲と、自身の曲のセルフカバーをコンパイルしたアルバムだ。例外の1曲目は、INO hidefumiがテイ・クラシックス2曲を、メドレーにしてカバー。流麗なローズの響きを受けて、フロア対応のハウス・トラック、エキゾチックなエレクトロポップ、縦ノリのロックンロール、サウダージなボサノバと続く。原曲の良さをさらに引き立てる手腕は、老舗バーのバーテンが出すカクテルのように耳障りが良い。良い意味で、空間を邪魔しないBGMだ。

RECOMMENDED

おすすめの記事