Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

ビリー・ジョー・アームストロング息子が語るデビューシングルと音楽一家

BRITTANY SPANOS | 2015/12/27 15:00

| ジェイコブ・デンジャー・アームストロングと彼のバンド、ジェイコブ・デンジャーはバーガー・レコーズからデビューEPをリリースする。(Steve Rowe) |

ジェイコブ・デンジャー・アームストロングは、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングの17歳になる息子で、スイマーズのジョーイ・アームストロングの弟でもある。

彼は最近、SoundcloudとYouTubeに投稿した曲がインターネットで話題になり、ポップパンクの道を切り開き、バーガー・レコーズとの契約を手に入れた。ジェイコブ・デンジャーという名義で活動を行うシンガー・ソングライターの彼とそのバンドは、バンド名を冠したデビューシングルを本日リリースし、フルアルバムの計画も構想中だ。「俺は今たくさんの曲を書いて、その曲のセルフ・レコーディングに取り組んでいる」と、デンジャーはローリングストーン誌に話してくれた。「俺は作曲もレコーディングも続けると思う。今、最終的な目標はいつかアルバムを出すことだ。今していることは全部そのためだ」。

ー自分の曲を書き始めたのはいつですか?

自分の曲はしばらく書いてきたけど、いつも自分自身の中に閉じ込めてきた。Soundcloudにアップした曲を書いたのは昨年のはじめ頃だよ。

ーどんな音楽を聴いて育ちましたか?

好きなバンドは、ザ・ストロークスとビーチ・フォッシルズの2つ。俺の音楽はすべて彼らの音楽がベースになっている。彼らの音楽スタイルが大好きなんだ。
新曲「ドント・トライ」ザ・ストロークスの影響は聴いていて、はっきりわかりました。ザ・ストロークスで好きなアルバムは何ですか?
最初の2つのアルバム、『イズ・ディス・イット』と『ルーム・オン・ファイア』が大好き。偉大な作品だ。好きな曲を挙げるなら、デビュー・アルバムの「ハード・トゥ・エクスプレイン」かな。素晴らしい曲だよ。この最初の2つのアルバムは最高なんだ。

ー自分の曲をネットにアップし始めることは、誰か何かに後押しされたのですか?

「キング・オブ・ザ・ワールド」と「ドント・トライ」の2曲を作曲して、両親と共有したくて彼らに歌ってみせたんだ。父からその曲をレコーディングしてみるように言われて試してみたら、すごく良かった。だから俺たちはすべての曲で作業をやり始めて、結局準備も整ったから、自分ひとりでレコーディングができるようになっている。何曲かは複数の楽器を自分ひとりで演奏して、それから兄にも一緒に演奏したいか聞いた。そんな感じで俺たちは進んでいった。
Translation by Deluca Shizuka

RECOMMENDED

おすすめの記事