祝メジャーデビュー!SAインタヴュー前編(ほろ酔い編):「メジャー?全然大丈夫。俺らは変わんない」

By Joe Yokomizo
Photgraphs by Kenji Kawamoto
結成30年以上。87年に一度解散し、現メンバーで再始動して14年が経つ。日本パンク界の至宝・SAがついにメジャーデビューする。こんな乾ききった時代に、常に汗水垂らしてロックしてきたSAのメジャーデビューは、暗いニュースが多いこの世界にとっての朗報だ。

そのメジャーデビューを祝して、SAのTAISEI(Vo)、NAOKI(Gt)と酒を呑みながら取材した。
先ずはその前篇。ほろ酔い(とは言えビールの消費量、ハンパないッス)の2人が語る、メジャーデビューと2016年の夢とは?

―祝!メジャーデビューにしてベストアルバム発売ですね! で、そんなオメデタイ話を聞くのに素面じゃなんだなぁと(笑)。今日は呑みながらのインタヴューです。まずは乾杯!!

2
Photgraphs by Kenji Kawamoto

TAISEI・NAOKI 乾杯~!!!!!

TAISEI いやぁ、ローリングストーン、嬉しいよ。ありがとな!

―こちらこそ忙しい中ありがとうございます!では……呑み過ぎてしまう前に(笑)、先ずは真面目にメジャーデビュー&ベスト盤の話から。実際にメジャーに行くのはどうですか? 僕はSAがメジャーから出るっていうのは正直すごく嬉しいんですね。

NAOKI そう言ってくれる人がいることが嬉しいね。「俺たち、メジャーです! 超嬉しい!!」っていうよりか、周りが「あいつらがメジャーに行ってくれたことが嬉しい」とか「メジャーを引っ掻き回してほしいよな」って言ってくれてること、それが一番嬉しいよね、俺は!ちなみに俺は50歳を越えてるけど、ラフィンノーズから数えてメジャーデビュー5回目やからね(笑)。あっ、ビールお代わり!

TAISEI 早いなぁ~お代わり。じゃあ俺も(笑)。俺らはさ、メジャーはクソとか、そういう言い方をしてたよ、確かに。しかも今メジャーって言ったってそんなにお金をかけられないし、そんなCDも売れないし。じゃあ自分たちでやってりゃいいじゃんって。それが意固地になってたのか、反骨精神なのか、いじけなのか、それは今となっちゃわからないけど。だけど、今はメジャーに来てみてある意味、風通しは良くなったなぁっていう気はするよ。

RECOMMENDED

TREND