デッドファンのアーティストが選ぶ、グレイトフル・デッドの名曲

PATRICK DOYLE, ANDY GREENE, SIMON VOZICK-LEVINSON | 2016/03/13 14:00

| Photo: (Michael Ochs Archives/Getty) |


ジャック・アントノフ(ブリーチャーズ):『タッチ・オブ・グレイ』(1987)
Jack Antonoff
Photo: Lloyd Bishop/NBC/NBCU Photo Bank/Getty

『タッチ・オブ・グレイ』は、まさに史上最高にクールな曲だ。素晴らしいとしか言いようがない。ソングライティングも編曲も優れている。「I will get by/I will survive(俺は乗り越える/生き抜くだろう)」は最も完璧な歌詞だ。地球上でこの曲を聴いて自分に置き換えない人はいないだろう。リリースのタイミングが妙だからこそ、俺はグレイトフル・デッドの文脈でこの曲が好きだ。グレイトフル・デッドは、素晴らしいファン層に反映されているが、それはアーティストが求める全てだ。ファンには大きな存在であってほしいし、文化そのものになってほしい。ガイコツが登場するミュージックビデオも最高だ。

Translation by Satoko Cho

RECOMMENDED

おすすめの記事