Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

メタリカの1985年の未発表ライヴ音源を聴く

Kory Grow | 2016/04/03 17:00

| 近く発売予定の『ライド・ザ・ライトニング』のボックス・セットに収録される、『アム・アイ・イーヴィル?』と『モーターブレス』のライヴ・バージョンを公開したメタリカ。(Photo by Fin Costello/Redferns)) |

『ライド・ザ・ライトニング』のデラックス・リイシュー盤には、デモやラフ・バージョン、ピクチャー・ディスク仕様のレコードが盛り込まれる予定。
メタリカが、近く発売予定の『ライド・ザ・ライトニング』のボックス・セットに収録される、未発表ライヴ音源2曲を公開した。ダイアモンド・ヘッドのニューウェイブ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィメタルのエピック『アム・アイ・イーヴィル?』のカヴァーとバンドのオリジナル曲『モーターブレス』をつなげた音源がSoundCloudにアップされている。この2曲は、1985年3月15日に実施されたサンフランシスコのカブキ・シアターでのライヴで録音されたものだ。4月15日発売予定の『ライド・ザ・ライトニング』のボックス・セットのボーナス・ディスクには、今回公開された2曲を含むこの日のライヴ音源すべてが収録される。

このボックス・セットには、オリジナル・アルバムのリマスター盤がCDとアナログ盤の両方で入るほか、ロサンゼルスで録音されたライヴ・アルバムのアナログ盤、シングル『クリーピング・デス』のピクチャー・ディスク、昔のインタヴュー音源やデモ、ラフ・ミックス、カブキ・シアターでのライヴ音源、ロンドンでのライヴ音源、英国ドニントン城でのライヴ音源を収めたCDが含まれる予定だ。さらに、メタル・ハマー・フェスティバルやデイ・オン・ザ・グリーン出演時の映像を収めたDVDやデラックス・ブックも封入される。同様の特典素材が盛り込まれた、1983年のデビュー・アルバム『キル・エム・オール』のデラックス・リイシュー盤も同日発売予定だ。

バンドは、8月20日にミネアポリスのUSバンク・スタジアムで単独ライヴを開催することを公表したばかりで、2016年後半は多忙なスケジュールを抱えている。リイシュー盤だけでなく、4月にはレコード・ストア・デイのアンバサダーを務め、2003年のパリ、バタクランでのコンサート音源を収めたライヴ・アルバムをリリースし、その収益をチャリティに寄付することが決まっている。バンドも制作に参加した、1986年リリースのアルバム『メタル・マスター』の制作秘話を記録したオフィシャル・ブック『Back to the Front』も今年出版予定だ。

「今年、少なくとも後半はかなり挑戦的な年になると思う」と、つい先日ラーズ・ウルリッヒがローリングストーン誌に語ってくれた。「もちろん、ニュー・アルバムもそろそろ完成させなきゃいけない。でも、ありがたいことにかなり捗っているよ。上手くいけば、この春で完成できると思う。だから、また近いうちに準備を整え、ショーに出たり、こういう楽しいことができるようになるだろう」。
Translation by Shizuka De Luca

RECOMMENDED

おすすめの記事