フェイス・エヴァンズが語る、故ノトーリアス・B.I.G.との新作とホログラムツアー

DANIEL KREPS | 2016/04/07 18:00

| 最近行われたインタヴューで故ノトーリアス・B.I.G.の妻フェイス・エヴァンスは、彼の死後制作されたアルバムと、ホログラムを制作中であることを明かした。(Photo by Dan MacMedan/WireImage) |

フェイス・エヴァンズは制作中のアルバム『The King & I』について、「もし彼が生きていたら…って考えると、結局のところ、私たちはこのような作品を一緒に作っていたと思うの」と語る。

R&Bシンガーであり、1997年に24歳の若さでこの世を去ったラッパー、ピギーことノトーリアス・B.I.G.の妻であるフェイス・エヴァンズは、最近のインタヴューで、彼の死後制作されたアルバムが今年の後半には完成する予定であること、さらにピギーのホログラムを制作中であることをほのめかした。

2014年にエヴァンスは、彼女の歌と生前のピギーの音声をフィーチャリングしたデュエットアルバム『The King & I』について初めて語り、同アルバムのことを1991年にナタリー・コールが公開した、彼女の父である故ナット・キング・コールをフィーチャーしたアルバム『Unforgettable』のような作品になるとコメントした。そして2016年3月24日(現地時間)、エヴァンスはデイム・ダッシュ・ラジオショーの電話インタビューに出演し、アルバム『The King & I』が"仕上げ段階"にあり、今年の秋にリリースを予定していること、また夏にはシングルを発売予定であることを明らかにした。

音楽情報サイト『Pitchfork』によると、エヴァンスはアルバムについて、「もしも今、彼が生きていたら…って考えると、結局のところ、私たちはこのような作品を一緒に作っていたと思うの」とコメントし、続けて「でも、作品のまとめ方や彼のボーカルの使い方で、アルバムに新たな命が吹き込まれた。これは完全にオリジナルな作品よ。きっと楽しんで聴いてもらえると思うわ」と語っている。
Translation by Yuka Ueki

RECOMMENDED

おすすめの記事