Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

グレイトフル・デッドのトリビュート・アルバム『デイ・オブ・ザ・デッド』収録曲の一部が公開

DANIEL KREPS | 2016/04/17 17:00

| ザ・ウォー・オン・ドラッグスやコートニー・バーネット、ザ・ナショナル、ブルース・ホーンズビー、フォスフォレッセントが歌う、ユニークなグレイトフル・デッドのカヴァーを聴こう。(Photo by Douglas Mason/Getty Images) |


本トリビュート・アルバム『デイ・オブ・ザ・デッド』は5月20日にリリース予定で、その収益はすべてレッド・ホット・オーガニゼーションに寄付される。アルバムの先行予約は『デイ・オブ・ザ・デッド』のサイトから可能だ。5曲のビデオ全部に、マイケル・ブラウン、ニック・チョンテア、クリストファー・バートレットが監督したサイケデリックな映像が使用されている。

3月24日朝に公開された5曲中4曲は、本トリビュート・アルバムの1枚目のディスク「Thunder」に収録されたもので、ナショナルによる『モーニング・デュウ』のカヴァーのみディスク「Lightning」からの選曲だ。アーロン・デスナーは「これらの5曲はただ無作為に選んだもので、お気に入りやシングルというわけではない。皆に59曲全部を聴いてもらうのが待ち切れないよ!!」とツイートで説明した。ナショナルは『デイ・オブ・ザ・デッド』のトラックリストにバンドとして4回登場するだけでなく、ソロ・パフォーマンスまで披露しているが、今回、彼らが愛する曲『モーニング・デュウ』では、独特の雰囲気がある不思議なアプローチを取った演奏がなされている。

Translation by Shizuka De Luca

RECOMMENDED

おすすめの記事