FENDER × CHALIE VICEバースデーパーティ潜入レポート

By RollingStone Japan 編集部
写真右:フェンダーミュージック株式会社 代表/アジア統括 エドワード・コール氏、左:司会を務めたジョー横溝(Photographs by Yukie Mikawa)
フェンダーミュージック株式会社1周年記念日である4月1日。いつも世界のどこかを旅していて才能ある友人がたくさんいる、「CHALIE VICE」というブランドを展開するチャーリー・ヴァイス氏の誕生日も同日ということで、お互いの誕生日を祝うバースデーパーティが都内某所フェンダーミュージックバックステージにて開催された。

限られた人しか参加できないシークレット・パーティ!
都内某所に構えるフェンダーミュージックバックステージとは、ミュージシャンなど特別な顧客のみが出入りできるという正真正銘の隠れ家である。

null

null

null
カスタムショップにはフェンダー独自の美しいボディラインを誇ったコレクションがずらりとディスプレイされている。

今回のバースデーパーティの参加者もフェンダー関係者とチャーリー氏の知人や友人のみ。
そもそもチャーリー・ヴァイスという人物は謎に包まれた存在だ。国籍や年齢は不詳、名だたる著名人達と交流があるそうだが、つねに世界を旅しているのでなかなか会うことができない。
それでも、バースデーとなればきっと現れるはず! という期待を胸に、パーティはスタートした。 

null
チャーリーと馴染みが深い株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ 三枝 孝臣氏から開会の挨拶。
ちなみに、この時点でチャーリーはまだ会場に現れていない。三枝氏いわく、「もう少し時間がかかる」というLINEメッセージが届いたそうだが…。

RECOMMENDED

TREND