Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

バーニー・サンダースの政治革命の未来は?

Kate Aronoff | 2016/05/07 11:30

| Photo by John Sommers II/Getty Images |

この革命の未来はサンダースとはまったく似通わず、ミレニアル世代と有色人種の人々に率いられることになる。
 
4月17日の日曜、あなたがニューヨーク市ブルックリンのプロスペクト・パークにいて目をつむってみたとしたら、5年の歳月をさかのぼり、地下鉄で30分離れたマンハッタンのダウンタウンで「オキュパイ運動」に参加しているように思えたかもしれない。
ニューヨーク市議会議員のユマン・ウィリアムズ──「Black Lives Matter(黒人の命だって大事だ)」運動の活動家で、オキュパイ運動にも参加した──が、2万8000人を「マイク・チェック」で率いていた。大群衆に素早くメッセージを行き渡らせるためのコール&レスポンスだ。「私たちは求める、私たちは信じている」と、ウィリアムズと群衆は叫んだ──「革命のムーンショットを」(ムーンショットは月ロケット打ち上げのことで、転じて「壮大な挑戦」を意味する)。

そのムーンショットとはもちろん、アメリカ大統領の座を争っている74歳の民主社会主義者のことだ。4月19日のニューヨーク州の民主党予備選挙で得票率に2桁の差をつけられて敗れたサンダースは今、今週26日の東部5州の予備選での得票に的を合わせている──計算上、もはや指名獲得の可能性は乏しくなってはいても。しかし勝敗の別にかかわらず、サンダースが唱導してきた政治革命の未来は、おそらく彼自身とはおよそ似つかないものになるだろう。それを率いるのは、ミレニアル世代(1980〜2000年ごろに生まれた世代)と有色人種の人々になるはずだ。人口動態の変化により、今後の時代の大きな選挙基盤となる集団だ。
Translation by Mamoru Nagai

RECOMMENDED

おすすめの記事