ART-SCHOOLの作り出す音楽にある違和感、アンバランスさの正体

By Joe Yokomizo
Photograph by Tomoki Ino
ART-SCHOOLの1年間の活動休止を経ての待望の新譜『Hello darkness, my dear friend』がリリースされた。WEBインタヴュー後半はそのアルバムを通して彼等の音楽が包み込む闇についてなど・・・深く木下理樹(ヴォーカル&ギター)と戸高賢史(ギター)に切り込んだ。

前編はこちら

―自身のレーベル初のアルバムとなる『Hello darkness, my dear friend』の1曲目「android and i」の1行目の歌詞"天使たちが描いたクレヨンの模様から心にひっかかって。そもそもクレヨンの模様ってなんだろう?って。それでアルバムずっとずっと聴いてて。

戸高:確かに(笑)。ファーストインプレッションで彼が与える印象って、良くも悪くも強烈だから。拒否反応を起こす人もいるんだろうし。俺、ART-SCHOOLには途中から加入してるんで、リスナーから入っていったんです。初めて彼のサウンドを聴いた時は、もう完全に違和感だったんですよ。でもそれが頭に残ってて、もう1回聴いてみてズブズブと(笑)。

―それ、凄くわかります。今ART-SCHOOLにズブズブですもん(笑)。

戸高:なんだろう?って思う。癖になる。ベンジー(浅井健一)さんの音楽を聴いた感じにも近いというか・・・俺も最初そういう感じでしたね。

―それって何なんですか?って本人に聞くのは野暮だと思うし、それが作品と向き合う楽しみでもあるんですけど。でも、聞いてみたくもある(笑)。

戸高:それは10年以上隣でやってる俺もわかない(笑)。言葉じゃない、理屈じゃないところのマジックみたいなものがあるのかなとか思ったりします。変なんですよ(笑)。自分で参加しといて言うのも何なんですけど、すごく特殊。ドラム(藤田 勇/MO’SOME TONEBENDER)とベース(中尾憲太郎)がガチのオルタナ畑で、完全に異星の人っていうか。ギターはいろんなところでやってる感じで、ヴーカルは謎の宇宙人的な感じだし(笑)。そのアンバランスな感じも面白さにつながってるんじゃないですかね。やっぱ違和感って大事だと思ってて。ひっかかる感じっていうか。

―確かに、アルバム聴いていても、良い意味で違和感だらけなんですよ。なんでそんなに歪んで行くんだ!って。叫びたくなるくらい。

戸高:でもそこに引っかかってもらったら、表現している事は伝わっているんだと思います。そこは割と昔からぜんぜん変わってなくて。1本背筋が通ってるはずなんで、バンド的には。

木下:そうだね。

RECOMMENDED

TREND