Gapの今夏は、新進気鋭アーティスト5組とタッグを組んだ「SUMMER MUSIC LOOKBOOK」に注目!

By RollingStone Japan 編集部
Gapのミュージックプロジェクト「1969 RECORDS(1969・レコーズ)」の第一弾、「SUMMER MUSIC LOOKBOOK」が始動。まずは5組のアーティストの内、3組が発表された。
2016年夏、ブランドのルーツである “デニム” と “音楽” に改めて着想したGapのミュージックプロジェクト「1969 RECORDS(1969・レコーズ)」がローンチ。その第一弾として、アーティストとのコラボレーションによる「SUMMER MUSIC LOOKBOOK」が始動する。

1969という数字は、60年代アメリカのカウンターカルチャーを象徴する歴史的なイベント “ウッドストック・フェスティバル” の開催年であると同時に、Gapの誕生年にも由来している。
サンフランシスコのオーシャンアベニュー沿いにデニムとレコードを扱う小さなセレクトショップとしてスタートしたGap。「INDIVIDUAL(個性)」を尊重し幅広く展開するデニムと、最新の音楽に包まれた店内は瞬く間に当時の若者たちに受け入れられ、人気を博した。ブランドの象徴である「1969 DENIM」は、誕生以来、様々なカルチャーに常に密接に寄り添い続けている。

この夏、そんなブランドの背景を体現すべく生まれたミュージックプロジェクト「1969 RECORDS」。プロジェクト第一弾として始動する「SUMMER MUSIC LOOKBOOK(サマー・ミュージック・ルックブック)」は、注目を集めているアーティスト5組とタッグを組み、「1969」をメインテーマにオリジナルのミュージックビデオとデジタルルックブックを制作。各アーティストの独自の目線で「1969」を解釈し、楽曲、映像、写真で表現している。
そして、それらのコンテンツはGapウェブマガジン『GAP 1969 MAGAZINE』にて2016年6月1日より5週間にわたり毎週水曜日に公開されるという。

アーティスト5組の内、今回発表されたアーティストは以下の3組。


Awesome City Club(オーサム・シティー・クラブ)


2014年4月結成。架空の街 “Awesome City” のサウンドトラックをテーマに、テン年代のシティ・ポップを Awesome City からTOKYOに向けて発信する男女混成5人組。2015年4月、1st アルバム『Awesome City Tracks』をリリースし、iTunesロックチャートで1位を獲得。クラウドファンディングやVRなど最新のテクノロジーを積極的に駆使した試みが話題を呼んでいる。2016年6月22日には3rdアルバム『Awesome City Tracks 3』をリリース予定。

Awesome City Club – Don’t Think, Feel (Music Video)


RECOMMENDED

TREND