プロフェッツ・オブ・レイジ、LAで初ライヴを披露

STEVE APPLEFORD | 2016/06/08 15:00

| 5月31日(現地時間)にロサンゼルスで初ライヴを行った新スーパーグループ、プロフェッツ・オブ・レイジが、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パブリック・エナミー、サイプレス・ヒルの名曲の数々を次々と繰り広げた。( Andy Keilen for Rolling Stone) |

ラップとロックが融合したスーパーグループが、新曲とレイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パブリック・エナミー、サイプレス・ヒルの名曲の数々を次々と披露。
   
5月31日(現地時間)の夜、ロサンゼルスのウィスキー・ア・ゴー・ゴーの外壁は政治色が濃いポスターで埋めつくされ、緊急ミッションを担った新バンドの到来を告げていた。そう、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの元メンバー3人に、ヒップホップ界のスーパースターであるチャックDとB-リアルが加わった新バンド、プロフェッツ・オブ・レイジの到来だ。開演の数時間前には、何者かがスプレーで書いた「#MakeAmericaRageAgain(#アメリカを再び激怒させよう)」という文字が付け加えられていた。

長すぎた沈黙を破り、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのギタリストのトム・モレロ、ドラマーのブラッド・ウィルク、ベーシストのティム・コマーフォードの三人が、サンセット・ストリップの満員の会場で行われたプロフェッツ・オブ・レイジの初ライヴで、そのパワーを爆発させた。その様は、2016年に政治界で多くのことが起きることを強く示唆していた。91年に結成したレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンは、クリントン政権時代に、ハードロックとヒップホップを見事に融合した音楽で過激な政治的主張を行った。2000年に解散した後、彼らがブッシュ政権と長期にわたる対外戦争が始まる中で沈黙を貫いたのは、非常に皮肉的だった。

二度の短期間の再結成を経て、再び活動休止していたレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンに、パブリック・エナミーのチャックDとサイプレス・ヒルのB-リアルが加わり、物の見事にバンドのヴォーカル、ザック・デ・ラ・ロッチャのポジションを埋めている。トム・モレロは、31日のステージにふさわしい革命を連想させる赤色の衣装で登場し、「Arm the homeless(ホームレスを武装させろ)」の文字が書かれたギターで、1曲目のパブリック・エナミーの『Prophets of Rage(プロフェッツ・オブ・レイジ)』を力強く演奏した。


Andy Keilen for Rolling Stone
Translation by Miori Aien

RECOMMENDED

おすすめの記事