SCANDALが「写真」を語る:「撮る時は、素の気の抜けた一枚がいいな」

By Masanobu Matsumoto 2015/09月号 P92〜93 |
ローリングストーン日本版2015年9月号掲載/SCANDAL
ローリングストーン日本版 インタヴューアーカイヴ
2015年9月号掲載:RS CAMERA SCANDAL

2015年、半年間にわたるワールドツアーを成功させ、一皮むけて大きくなったSCANDAL。RINAとTOMOMIも、それを実感していると話す。最も輝いているこの瞬間を、彼女たちはどう感じているのか。


─普段から写真はよく撮るんですか?

RINA:はい。でもライカを使ったのは今回が初めて。実は、何回もライカストアに行って店員のお姉さんと話したり、カタログをもらってきたりはしてたんです。でもプロ志向というかハードルが高い印象で。でも使ってみてやっぱりレベルが違うなって。色の質感とかもカッコいい。

TOMOMI:私は、ワールドツアーが決まっていろんなとこに行けるので、思い出を残そうと。それでカメラを始めたばかりです。

─では、写真に関しては、メンバーの中でRINAさんが大先輩?

RINA:そうですね。自分たちはSNSもやってて、いい写真をアップしたいから、ちゃんとしたカメラで撮ろうって。ブログも基本的に毎日書いてるんですが、写真がベースです。

RECOMMENDED

TREND