Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

知られざるエミネムのベスト・トラック20曲

MOSI REEVES, SIMON VOZICK-LEVINSON | 2016/08/05 16:30

| Photo by Gary Friedman/Los Angeles Times via Getty Images |


スウェイ・アンド・キング・テック・フィーチャリング・エミネム『フリースタイル』(1999年)

スウェイ・アンド・キング・テックは、90年代にロサンゼルスで複数のラジオ番組を持っていた。数々の名フリースタイル・セッションを残したことで知られる彼らの『Wake Up Show』には、エミネムが頻繁に登場している。1999年放送の第5回で、エミネムはアキネリとプラネット・エイジアが残した「通りをうろつく不審者のブギーナイト / マーク・ウォールバーグよりも立派なムスコをもつ棒人間とは俺のこと」というパンチラインは、後に発表されるミッシー・エリオットとの共作『ブサ・ライム』にも登場する。またその1年後、エミネムはMTVの『トータル・リクエスト・ライブ』にて、ウォールバーグとビーフを展開している。


エミネム『エニイ・マン』(1999年)

アンダーグラウンドの老舗レーベル、ロウカス・レコーズのコンピレーション『Soundbombing Ⅱ』に収録されたこの曲のリリックは、極めて意味深な内容となっている。(『神は俺の罪を赦してくれるだろうか / 俺が次から次へと彼女を手にかけるをやめたなら』フィクションとはいえ、極めて過激なこういった表現をアートと捉えるか不適切とみなすかは聴き手次第だ。


エミネム『ゲット・ユー・マッド』(1999年)

『Wake Up Show』の司会を務めたスウェイ・アンド・キング・テックの作品に収録されたこの曲『ゲット・ユー・マッド』は、エミネムのユーモラスかつ残忍な一面を象徴するような内容となっている。(同曲は後に『ザ・スリム・シェイディLP』にもボーナストラックとして収録)LL・クール・J、インセイン・クラウン・ポッセ、マスター・P、ブランディ、アリーヤなど、数々のスーパースターたちの名を挙げた上で、エミネムはこうラップする。「俺のディスがお前の自尊心を傷つけたなら、願ったり叶ったりだ」

Translation by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

おすすめの記事