知られざるエミネムのベスト・トラック20曲

MOSI REEVES, SIMON VOZICK-LEVINSON | 2016/08/05 16:30

| Photo by Gary Friedman/Los Angeles Times via Getty Images |


エミネム『バッド・インフルエンス』(1999年)

もしアーノルド・シュワルツェネッガーが後にカリフォルニア州知事を務めることを知っていたなら、酷評された主演映画『エンド・オブ・デイズ』のサウンドトラックに、エミネムのこの曲を収録することを許可しなかったに違いない。セレブレティが多感なティーンエイジャーたちに与える悪影響について歌ったこの曲で、エミネムはこうシャウトする。「やっちまえ!その生命維持装置を外すんだ!」その数ヶ月後に発表された自身のクラシック『スタン』で、エミネムは同様のテーマをさらに深く掘り下げた。


ファンクマスター・フレックス・フィーチャリング・エミネム、ドクター・ドレー『イフ・アイ・ゲット・ロックド・アップ』(1999年)

ファンクマスター・フレックスが1999年にデフ・ジャムからリリースしたミックステープ・アルバムに収録されたこの曲で、ドクター・ドレーと共演したエミネムはいつにも増して挑発的だ。「人前で堂々と嫁と子供をぶん殴る俺 / お前の説教なんざクソ食らえ」それだけでは飽き足らず、コロンバイン高校銃乱射事件や(「俺をロールモデルにしたコロラドでの事件 / 今や俺の一挙一動がキッズたちを席巻」)、敬愛する2パックにさえも言及している。(「銃弾が貫通する前に2パックの胸毛を引っこ抜く / のろまな救急車は今頃ご到着」)


ザ・マッド・ラッパー・フィーチャリング・エミネム『スター・クレイジー』(2000年)

ザ・マッド・ラッパー(デリック・"D・ドット"・アンジェレッティの名でパフ・ダディ率いるヒットメン・スクワッドにも参加)が残した唯一のアルバム『テル・エム・ホワイ・ユー・マッド』に収録されたこの曲は、カニエ・ウエストがプロデュースを手掛けている。カニエとエミネムのコンビネーションは、現時点でこの曲以降一度も実現していない。

Translation by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

おすすめの記事