Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

知られざるエミネムのベスト・トラック20曲

MOSI REEVES, SIMON VOZICK-LEVINSON | 2016/08/05 16:30

| Photo by Gary Friedman/Los Angeles Times via Getty Images |


バッドー・ミーツ・イーヴィル『レネゲイド』(2001年)

この曲はジェイ・Zの傑作『ザ・ブループリント』に収録されているが、ブートレグとして流出した本バージョンを好むエミネムのファンは少なくない。ここではデトロイトの盟友ロイス・ダ・ファイブ・ナインが、エミネムといかついヴァースを交換している。しかしどちらのバージョンにおいても、エミネムのパートがハイライトであることは間違いないだろう。


トニー・タッチ・フィーチャリング・エミネム『シンフォニー・イン・H』(2013年)

1996年に総勢50人のMCを起用したミックステープ『パワー・サイファ』を発表したニューヨークの伝説的存在、トニー・タッチが満を持して2013年にリリースした『ザ・ピース・メイカー3:リターン・オブ・ザ・50MC’s』には、エミネムの名前もクレジットされている。1分半のフリースタイルで、エミネムが放った「オスカーを獲った俺は今でもゴロツキ / 松葉杖代わりになってるあのトロフィー」というシニカルなパンチラインは見事の一言に尽きる。

Translation by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

おすすめの記事