オジー&ジャックのオズボーン親子、世界を巡る新番組がスタート:「これはお笑いさ」

Kory Grow | 2016/07/27 18:00

| オジー&ジャックのオズボーン親子が、ヒストリーチャンネルの抱腹絶倒の新番組『Ozzy & Jack's World Detour』について語った |


ジャックのお気に入りの訪問地はキューバとサウスダコタだった。キューバに関しては、オジーも2016年初頭のローリングストーン誌とのインタビューで、 「ぶっ飛んだ」と話している。ジャックは、キューバの料理や冷戦時代そのままの建物や車を気に入ったようだ。またサウスダコタに関しては「まるで10年目 のオレゴン州ポートランドみたいにクールな街だった」という。さらにサウスダコタのラピッドシティは、バッドランズ、ラシュモア山、リトルビッグホーン、 ミサイル基地に近く、ジャックはお気に入りのひとつに挙げた。


北アメリカで最初のイギリス人による植民地を訪れたジャックとオジーのオズボーン親子。戦車の大砲の爆音でやられた耳が回復した後のショット。(History)

ジャックによると、オジーは金の採掘の歴史があるサウスダコタを気に入ったようである。「俺たちは一度、鍋を持って砂金探しを体験したんだ。オジーはその後の撮影中も"また砂金採りに行きたい"って繰り返してたよ」。

本編では全面カットされていたが、オジーはサウスダコタの恐竜博物館もいたくお気に入りだったようである。「ティラノサウルスの全身の化石を見たことあるか?とにかくでっかくてすごいんだ。スピルバーグの『ジュラシック・パーク』に出てくるような、どでかいやつを間近でみられるんだぜ。やつらは殺人マシーンだ」。「化石に触れたか?」との問いには、「俺のあそこを触ってみろよ。それが化石さ」と、すまし顔で答えた。
Translation by Smokva Tokyo

RECOMMENDED

おすすめの記事