ブーイングよりも投票を!トランプへ向けたオバマ大統領の熱いスピーチ(民主党全国大会)

LAUREN KELLEY | 2016/07/29 14:00

| 2016年7月27日夜、民主党の全国党大会に登場したバラク・オバマ大統領(Photo by Joe Raedle/Getty Images) |


「私自身やビル・クリントン元大統領を含め、ヒラリーほど大統領にふさわしい人物はかつていなかった。悪気はないんだ、ビル。でもこれは本当のことだよ」とオバマ大統領は述べた(訳注:ビル・クリントンも会場に来ていた)。

オバマ大統領がドナルド・トランプ氏の名前を出した時、会場からブーイングが巻き起こった。オバマ大統領はそれを諌め、「ブーイングよりも投票を!」と呼びかけた。

「ドナルドには理想もなければ現実を見る力もない。彼は自分のことをビジネスマンと呼んでいるが、それは間違いないのだろう。しかし私はここで言っておく。これまで私は、多くの訴訟や給料未払い問題を抱え、人々に『騙された』などと思われることなく大成功を収めた多くのビジネスマンやビジネスウーマンに出会ってきた」。

「私は確信している。我々の力、我々の偉大さはドナルド・トランプを必要としない」と述べ、さらに「アメリカンドリームは壁で囲うようなものではない」とトランプの主張を揶揄した。

オバマ大統領はまた、バーニー・サンダースと彼の支援者を意識し、「Feel the Bern!」というサンダース氏の選挙スローガンも引用した。

「より公正な司法制度を求めるなら、大統領選だけでなく、さまざまな地方選挙にも投票すべきである。そうすることで民主主義が機能するのだから」。

「我々の民主主義のことを真剣に考えるなら、家にこもっていないで投票に出かけるべきだ」と、オバマ大統領はつけ加えた。
Translation by Smokva Tokyo

RECOMMENDED

おすすめの記事