Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

民主党全国大会における歴史に残るヒラリー・クリントンの情熱的なスピーチ

LAUREN KELLEY | 2016/08/01 14:00

| 2016年7月28日夜、民主党の全国大会で感動的なスピーチを行ったヒラリー・クリントン氏 (Photo By Bill Clark/CQ Roll Call) |


クリントン氏はまた、ドナルド・トランプに対してスピーチの中で激しく攻撃した。例えば「私は科学を信じます!」と宣言し(訳注:トランプ氏は気候変動問題の存在を否定している)、支援者に対して気候変動対策、賃金格差の是正をはじめとする、さまざまな政策を共に推進するよう訴えかけ、さらなる喝采を浴びた。

先に行われた共和党全国大会におけるトランプのスピーチに対しては、「本当に無駄な70分間」と酷評した。

トランプへの批判の言葉に呼応して会場からはブーイングが起きたが、クリントン氏は、「ブーイングよりも投票を!」と、前日のオバマ大統領の言葉を引用して応えた。

また、選挙キャンペーン中のちょっとしたことでもすぐに自制心を失うトランプに関して、「よく考えてみてください。ドナルド・トランプ氏に軍の最高司令官を任せられますか?」と、会場に問いかけた。

「たったひとつのツイートで簡単に怒らせることができるような人物に、核兵器を託せません」とトランプを評し、さらにジャクリーン・ケネディ氏の言葉を引用し、「トランプ氏は自分の恐怖心を隠すために虚勢を張っているちっぽけな人間」と言い放った。

「私たちは今夜、(アメリカの歴史上の)新たな一歩を踏み出すのです。アメリカの皆さん、より強く結束しましょう。勇気と自信を持って将来を見据えましょう。愛すべき子どもたち、そして愛すべきこの国のために、よりよい明日を作りましょう。それが実現した時、アメリカはさらに偉大なる国となるでしょう」と、締めくくった。

Translation by Smokva Tokyo

RECOMMENDED

おすすめの記事