ケンドーコバヤシの"オトナの遊び"対談:ハリウッドザコシショウと語る"男"のメンタリティ

By Shinohara Hiroshi 2016/08月号 P122〜123 |
ローリングストーン日本版2016年8月号/連載:SHIKO TALK(左)ケンドーコバヤシと(右)ハリウッドザコシショウ(Photography by Shuhei Kojima)
オナニーセレブ、ケンドーコバヤシをホストに迎えた対談企画。15回目のゲストは、人気沸騰中の芸人、R-1チャンピオンのハリウッドザコシショウ。
人はどのようなメンタリティでオナニーをすべきか。繰り広げられた大論戦の結末に注目!

K:お前、タレントで言うと、どういう女性が好きなの?

H:すぐに思い浮かばないけど、昔からショートカットの子が好きやったな。

K:俺くらいの?

H:お前は坊主やないかい(笑)。女でそんなやつおらんやろう。

K:ショートカットといってもいろいろあるしな。ヤクルトにいた池山みたいなスタイル?

H:あれも違う。スポーツ刈りやんか。

K:ニューウェイブや、池山は。

H:具体的に説明せんでもわかるやろ、内田有紀さんみたいな感じや。

K:それじゃ全然わからん。ドリフの頃の志村さんくらいか。

H:何で被写体がみんな男なの(笑)。紗倉まなちゃん※みたいな子や。これでわかるやろ(笑)

※紗倉まなは、両者のラジオ番組(『TENGA茶屋』と『紗倉まな・ハリウッドザコシショウの朝まで丸裸!』)に、ともにレギュラー出演しているセクシー女優。
Coordination by Yasumasa Akashi[PAD]

TOPICS

RECOMMENDED