大麻はヘロインやエクスタシーと同様の危険性あり──アメリカ政府見解

Kory Grow | 2016/08/17 19:00

| アメリカ政府は、「大麻には医学的効果がない」という立場を変えないことを表明した。(Photo by Uriel Sinai/Getty Images) |


「大麻に関する政策を麻薬取締局に委ねるというのは、合理性や科学的アプローチに全く反する。合理性や科学的アプローチは8年前にオバマ政権が自ら言い続けてきたことだが、またもや実現できなかった。麻薬取締局以外のいったい誰が、大麻を医療的効果もなく非常に危険なヘロインと同じスケジュールIにカテゴリー分けすべきだ、なんて思うだろうか」と、ハイ・タイムズ誌のコンテンツ責任者デヴィッド・ビーネンストックは述べている。

大麻のカテゴリー変更に関する嘆願は、2009年と2011年に麻薬取締局に提出されている。しかし、当局はいつそれらの嘆願に対応するか明らかにしていない、と同誌は報じている。

カリフォルニア州は、21歳以上の成人による大麻使用の合法化(AUMA / Adult Use of Marijuana Act)に関する住民投票を11月に予定している。

Translation by Smokva Tokyo

RECOMMENDED

おすすめの記事