Rolling Stone

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

オリンピックの薬物裁判、ドーピング問題の真実

Dwyer Murphy | 2016/08/18 17:00

| photo by Bloomberg via Getty Images |


オリンピックのほとんどのことがそうであるように、スピードがアドホック部門にとっての最重要点だ。

「決定が下されるまで、オリンピックは中断してあなたのことを待ってはくれません」と、マーケット大学ロー・スクールでスポーツ法の教授を務めるマシュー・ミッテンは語った。彼はソチオリンピック開催中にアドホック部門の判事を務めた。ミッテンは「全てが信じられないくらいにあっという間なのです」と続けた。

3人の陪審員は、それぞれのアドホック部門の訴訟に割り当てられる。いくつかの大国や競争相手を疑う人は、規則に抵触する可能性があるため大会に自らの弁護士を連れてくる。リオオリンピックはロンドンオリンピックと同様に、迅速な法的支援を必要としている選手を守るために地元の弁護士が無料奉仕で団結をしている。

5回のオリンピック出場経験を持ち、現在は第一巡回控訴裁判所の一員であり、ロンドンオリンピック中はアドホック部門の共同議長を務めたファン・トルエラは、公聴会は米国連邦裁判所に持ち込まれる訴訟に驚くほど似ており、オリンピックの事例の寿命だけは年ではなく時間で測定されると語った。

公聴会は夜遅くー 一般的にはその日の競技終了後ーから始まり、夜更けにまで至る。ソチオリンピックでは、ミッテンは空気力学的効果を得るためにスキーパンツを減量したとされる3人のフランス人スキー選手の事例を手掛けた。公聴会は真夜中に開始された。金、銀、銅メダル(全てフランスが獲得した)が閉会式の前に授与できるように、陪審員は明け方までこの問題に取り組んだ。

「ホテルには美味しいカフェラテとカプチーノがありました」とミッテンは回想した。そして、「わたしたちにはそれが必要でした」と続けた。

不正行為の他に、アドホック部門は多くの"選考"事例を聴取する。ーオリンピック候補から外され見捨てられた選手は、アドホック部門に自身の国の代表となり大会で競う方法を見つけて欲しいと望む。
Translation by Yuka Ueki

RECOMMENDED

おすすめの記事