映画『スーパーメンチ - 時代をプロデュースした男!』:ロック界のカメレオンマンの軌跡を描いたドキュメンタリー

ANDY GREENE | 2016/09/14 19:00

| (C)2013 NoMoneyFun Films Inc. and A&E Television Networks LLC. All Rights Reserved. |


『スーパーメンチ - 時代をプロデュースした男!』は、ドラッグ・ディーラーとしてジャニス・ジョプリンやジミ・ヘンドリックスとつるんでいたヒッピー時代、わずか9日間で終わったピンク・フロイドのマネージャー業(出演予定だったクラブが火事に遭い、ギャラが支払われなかったことに腹を立てたバンドは彼を解雇した)、そしてエメリル・ラガスをはじめとするセレブシェフ・ブームを牽引した日々まで、ゴードンの波乱に満ちた人生の軌跡を描く。しかし本作の真のテーマは、ドラッグに溺れたクーパーやテディ・ペンダーグラスらを知るゴードンが実感した、名声は人の人生を狂わせるという真実だ。「名声はショービズの世界に蔓延る病なんだ」2008年の大ヒット作『愛の伝道師 ラヴ・グル』以来、スクリーンから遠ざかっているマイヤーズはそう語る。「知れば知るほど深みにはまり、周囲が見えなくなるドラッグのようなものさ」


(C)2013 NoMoneyFun Films Inc. and A&E Television Networks LLC. All Rights Reserved.

ハーヴェイ・ワインスタインはこの夏に本作を舞台化する計画を進めており、実現すればゴードン自身がスポットライトを浴びることになる。「光栄に思っているよ」彼はそう話す。「自分が過去にやったとんでもない数のドラッグを目にした時は愕然としたけどね」

マイヤーは既に次のプロジェクトに向けて動き出しているという。IMDbによると『オースティン・パワーズ』4作目の制作が進行中とされているが、マイヤーズは口を開こうとしない。「不確かな情報だよ」彼はそう話す。「僕は常に複数のプロジェクトを同時に進めているけど、完全に準備が整っていないものについては話さないことにしているんだ」

本記事はローリングストーン誌2014年7月3ー17日号より転載



『スーパーメンチ-時代をプロデュースした男!』
監督/マイク・マイヤーズ
出演/シェップ・ゴードン、マイケル・ダグラス、アーノルド・シュワルツェネッガー、シルベスター・スタローンほか
9月24日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次公開
http://www.supermensch.jp/

Translation by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

おすすめの記事