ブルース・スプリングスティーン、ロバート・デ・ニーロ、ローン・マイケルズが大統領自由勲章を叙勲

By Elias Leight
自由勲章の受章者の中には、目を見張る顔ぶれの俳優、歌手、アスリートたちがいた。(Photo by Miguel Pereira/Redferns,Kevin Winter/Getty Images)
ブルース・スプリングスティーン、ロバート・デ・ニーロ、エレン・デジェネレス、トム・ハンクス、マイケル・ジョーダン、ダイアナ・ロス、ロバート・レッドフォード等に、米国市民に贈られる国家最高の栄誉を受章。

オバマ大統領は11月16日、21名の自由勲章の新たな叙勲者を発表したとピッチフォークが伝えている。この21名には、音楽(ブルース・スプリングスティーン、ダイアナ・ロス)、スポーツ(カリーム・アブドゥル・ジャバー、マイケル・ジョーダン)、TV界(エレン・デジェネレス)、コメディ(ローン・マイケルズ)、映画(トム・ハンクス、ロバート・レッドフォード)、舞台(シシリー・タイソン)、建築(フランク・ゲーリー)など、ポップ・カルチャーのほぼ全域にわたる受章者が含まれている。

現在の大統領自由勲章は、ジョン・F・ケネディ大統領の時代に制度化されたものだ。ホワイト・ハウスのウェブサイトによれば、勲章は「合衆国の安全と国家の利益、世界平和、文化もしくはその他の分野の発展に対して、公的あるいは私的に大きく尽力し、特に賞賛されるべき貢献をした個人に与えられる」とある。昨年の受賞者には、スティーヴン・スピルバーグ、バーブラ・ストライサンド、グロリア・エステファン、ジェームズ・テイラーらがいた。

オバマ大統領は、新たに自由勲章を授与される受章者を称え、次のような声明を発表している。「大統領自由勲章は、単に我が国の市民への最高の栄誉であるだけではありません」と述べ、「それは、私たちがどのような出自であろうとも、私たちすべてが、この国を良い方向へ変えて行く機会をもたらすという思想に対する賞賛なのです。科学者、慈善家、公務員から活動家、アスリート、そして芸術家にわたる21名の人々は、アメリカの進歩を支えると同時に、世界中の数えきれない程の人々に影響を与えました」。

叙勲は11月22日にホワイト・ハウスで行われ、受章式典はオンラインのストリーム放送で生中継される。「大変光栄だ」とエレン・デジェネレスはツィッターに書き、「ありがとう、オバマ大統領」と続けている。

Translation by Kise Imai

RECOMMENDED

TREND