米国AV業界のセーフセックス問題:物議を醸した"コンドーム法"の内幕に迫る

By Katie Van Syckle
ポルノ俳優を性病感染から守ることに繋がると考えられていたカリフォルニア州のプロポジション60は、同州のAV業界を破壊してしまうのか?(Photo:VGstockstudio)
カリフォルニア州全体でアダルトビデオでのコンドームの使用を義務付けることで、ポルノ俳優の性病感染の拡大に歯止めをかけることができると支持者が主張した法律を、多くのポルノスターたちが反対していたのはなぜか?その内幕に迫る。

30歳のポルノスター、エラ・ダーリンは、カリフォルニア州法プロポジション60に対して最も強く反対を主張した人物の一人だ。プロポジション60は、AV業界でのより安全なセックスを支持する新たな規制法である。細身の長身で金髪、そして米国人らしい元気なダーリンは、これまでに200本以上のアダルトビデオに出演してきた。テキサス州出身の彼女は、大学院を卒業した後、図書館司書として働いた。しかし、その生活に退屈を覚え、ボンデージヌード写真撮影会に参加するようになった彼女は、撮影会を楽しんでいる自分に気づいたという。大金までも稼ぐことができたため、ダーリンはフルタイムのAV女優になろうとカリフォルニアに引っ越した。

現在、Cam4VRの代表としてアダルトVRコミュニティの主要な代弁者の一人となったダーリンは、プロポジション60が、業界関係者以外がアダルトビデオ出演者を被害者として見なし、出演者の意見を無視し業界を規制しようとする釈然としない新たな法律だと考えていた。

「力のある酷いプロデューサーから守られるべき、傷ついてダメージを受けた人間だということをほのめかし、恩着せがましい救済の言葉が並んでるの」。こう彼女は言った。「でも、自分たちを一番守ることができるのは、私たち自身だから」

米国のアダルトビデオの大半が、今もなおカリフォルニア州で制作されているため、9月15日付けのロサンゼルス・タイムズ紙の世論調査で、55%のカリフォルニア州の住人が支持したプロポジション60は、10億ドル規模のAV産業、そしてモダンなポルノのあり方に大打撃を与えかねなかった。ダーリンは、プロポジション60が成立した場合、ポルノ俳優が新たなレベルの被害を受ける可能性と、カリフォルニア州からAV産業が撤退する可能性があると警告した。その一方で、公衆環境衛生擁護者は、ポルノ俳優間の性感染症(STD)の感染率の高さこそが、カリフォルニア州がアダルトビデオの撮影の規制に踏み切るべきであることを意味していると主張していた。
Translation by Miori Aien

RECOMMENDED

TREND