蒼井 優と新鋭監督・松居大悟が選ぶ、人生に影響を与えた映画3選

By Yasuo Murao
(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会
映画『アズミ・ハルコは行方不明』の主人公、そしてその監督として初タッグを組んだ蒼井 優&松居大悟監督。同い年の二人は息もぴったり、そのインタヴューも夫婦漫才かと思うほど突っ込み&突っ込まれで、爆笑につぐ爆笑。ここではそんな二人が、ちょっと真面目に『人生に影響を与えた映画』を教えてくれた。


蒼井 優が選ぶ『人生に影響を与えた映画』


『自由な女神たち』
何回観たかわからないくらい大好きな作品です。松坂慶子さんと桃井かおりさんの二人が主演で、桃井さんは根っからの嘘つき。で、松坂慶子さんは整形していて顔が嘘つき。二人は親友で、二人が再会するところから物語が始まるんですけど、人間の愚かさとか可愛らしさとかが、この映画に全部詰まっているんです。お二人ともすごく可愛いし、自分が落ちてる時でも、あがってる時でもパワーをもらえる作品です。


『月世界旅行』

(C) 2011 Lobster Films – Fondation Groupama Gan – Fondation Technicolor
(C) Steamboat Films – Lobster Films – 2011


Blu-ray『月世界旅行&メリエスの素晴らしき映画魔術』
発売中 4,800円(税抜)
新日本映画社(発売)
紀伊國屋書店(販売)
(C) 2011 Lobster Films – Fondation Groupama Gan – Fondation Technicolor
(C) Steamboat Films – Lobster Films – 2011

100年以上前の映画なんですけど、絵が動くということの喜びに溢れていて、"こんな面白いことができる!"っていう現場の喜びが伝わってくる。今、私達は動く映像が撮れることを当然のように思っていますけど、この映画を撮った人達に負けないくらい、映画を撮る喜びを感じながら作品に挑みたいと思っています。


『教授とわたし、そして映画』

(C) 2010 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.


DVD『教授とわたし、そして映画』
発売中 4,800円(税抜)
ミッドシップ(発売)
紀伊國屋書店(販売)
(C) 2010 Jeonwonsa Film Co. All Rights Reserved.

今回の撮影に入る前くらいにホン・サンスの映画にハマったんです。映画って絵作りにとらわれがちなんですけど、ホン・サンスはそれすらも全部解体しちゃって、あるのはストーリーのみ。映画って、ストーリーの骨組みとか構成がしっかりしていれば大丈夫なんですよね。画角も照明もホームビデオみたいだけど、"うわーっ、映画を観た!"って思わせるパワーがこの作品にはあって、"やられた!"って思いました。

RECOMMENDED

TREND