『ローグ・ワン』が『フォースの覚醒』よりも評価されるべき理由

By Sean T Collins
Lucasfilm/ILM..(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
15年公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、そして、16年公開のスピンオフ作品『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はともに懐かしさを感じさせる作品に仕上がっている。しかし、『ローグ・ワン』は懐かしさを介して、あるメッセージを伝えようとしている。

※本記事内には、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』のネタバレが含まれておりますので、閲覧にはご注意ください。


サブタイトルは無視して構わない。文字通り映画開始1秒目から、『ローグ・ワン』は「スター・ウォーズ」のアナザー・ストーリーを伝える役割を果たしている。スター・ウォーズ・シリーズではお馴染みのオープニング・ロール、そして、ジョン・ウィリアムズによる独特なテーマ曲のファンファーレの嵐は存在しない。ジョージ・ルーカスが77年に遠い昔の遥か彼方の銀河系のストーリーを生み出して以来、3部作の枠組みから外れた初めての作品であり、ギャレス・エドワーズ監督が創造するこのスピンオフ/過去を描くストーリーは独自のリズムとトーンを持つ。この作品の背景は壮大と言うよりも陰鬱である。そのアクションはスリル満点というよりも、残酷だ(PG13)。登場人物は向こう見ずな悪党でもなければ、銀河の未来を作り出すヒーロー/ヒロインでもなく、スター性のないゲリラ兵である。過去に遡りファンを魅了した『フォースの覚醒』では、J・J・エイブラムス監督率いる制作チームはオリジナルの3部作のフィーリングを取り戻すことに力を入れていたが、『ローグ・ワン』は全く別の作品に仕上がっていると言っても過言ではない。

ジェダイ・マスターですら理解できない矛盾が存在するものの、『ローグ・ワン』はスターウォーズの歴史と伝説に大いに助けられている。ジョン・ノール、ゲイリー・ウィッタ、クリス・ワイツ、そして、トニー・ギルロイが手を組んだ脚本チームは、昔のファンが口にするジョーク「なぜ、超強力兵器のデス・スターをたった一発の攻撃で爆発してしまうように帝国は設計したの?」を基にこの映画のストーリーを考案した。

このマニアックな設定により、この映画は過去に遡っていく(ネタをバラしてしまうようだが、既に知っているはずだ)。『ローグ・ワン』は、帝国軍に捕まった科学者、ゲイレン・アーソ(マッツ・ミケルセン)の成人した娘、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)のストーリーを基に展開していく。おとなしく従うふりをしながら、ゲイレン・アーソは惑星を破壊するプロジェクトを内部から弱体化させるため、密かに弱点を植え込み、その後、命懸けで反乱軍にこの弱点を伝える。この映画の最後の場面は、スター・ウォーズ・シリーズの第1作『新たなる希望』の冒頭のシーン、つまり、部分的にデジタル化されたレイア姫がデス・スターの致命的な欠陥が記されたデータファイルを受け取るシーンにつながる。その後の展開 ― R2-D2、C-3PO、ルーク・スカイウォーカー、そして、(「助けて」)オビ=ワン・ケノービ ― はご承知の通りだ。

このように『ローグ・ワン』はスター・ウォーズ・シリーズの始まりと明らかにつながっている。さらに、この映画には、マニアが喜ぶお宝シーンが多数用意されている。若き日のレイア姫がCGIで再現され、ゲストとして出演するだけでなく、エピソード6でレイア姫と敵対していたグランド・モフ・ターキン(俳優のピーター・カッシングは20年以上前に他界)がメインのキャラクターとして登場する。ターキン提督のデジタル映像による復活は、この映画のスター・ウォーズ・マニアへの贈り物のほんの一部でしかない。本編のキャラクターのカメオ出演がその他にも豊富に提供されている。R2-D2とC-3POは数秒間ではあるものの、お馴染みのピーっという音、そして、愚痴で観客を楽しませてくれる。セイウチ顔のポンダ・バーバ、そして、独特なルックスの狂人、ドクター・コーネリアス・エヴァザンのコンビは、メインキャラクターのジンとキャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)と揉め事を起こす。ちなみに、このシーンでは、エヴァザンの二流のセリフ「気をつけろよ」をキャシアンがかましている。1作目のクライマックスであった初代デススターへの攻撃で指揮官を務めたゴールド・リーダーとレッド・リーダーは、映像を再利用した形で登場している。
Translation by Kensaku Onishi

TOPICS

RECOMMENDED