セックス・ピストルズのスティーヴ・ジョーンズが語る:「俺たちは破滅する運命だった」

By Kory Grow
自伝『Lonely Boy』を発表したセックス・ピストルズのギタリスト、スティーヴ・ジョーンズ(右から2番目)(Photo by Express/Express/Getty Images)
自伝『Lonely Boy』の発売を記念し、セックス・ピストルズのギタリスト、スティーヴ・ジョーンズが振り返るシド・ヴィシャス、ジョニー・ロットン、そしてバンドが辿った悲痛な運命とは?

スティーヴ・ジョーンズは数十年前に故郷のロンドンからロサンゼルスに移り住み、現在は北カリフォルニアの「何もないところ」で暮らしている。「いいところだよ。暑すぎないし、雨もたくさん降る」彼はそう話す。「何より人が少ない。最近は誰も彼もが癪にさわるようになってきたからな。俺も気難しいジジイになりつつあるってことさ」

発表されたばかりの彼の自伝『Lonely Boy』には、頭にバンダナを巻いていたセックス・ピストルズ時代から頑固な老人に至るまでの変遷が描かれている。同書では彼の人生が「Before」「During」「After」の3期に分けて綴られている。「ギターソロみたいなもんさ。始まって、展開し、そして終わる」そう話す彼の表情には、気難しさよりも思慮深さが見て取れる。

自身の歩みを綴る同書は、彼ならではのひねくれたユーモア、そして率直な自己描写に満ちている。継父から受けた性的暴行、それに起因する自身の窃盗癖やセックスへの依存、そしてドラッグ中毒まで、同書には彼の暗い過去が生々しく描かれている。またセックス・ピストルズの母体となるバンドで使っていた機材が、1973年にデヴィッド・ボウイのジギー・スターダスト・フェアウェル・ツアーの舞台裏から盗み出したものだったことなどにも言及している。ジョニー・ロットンとシド・ヴィシャスとの思い出はもちろんのこと、同書は彼がポール・クックと共にパワーポップ寄りのポストパンクバンド、ザ・プロフェッショナルズを結成する経緯についても触れている。



自身のソロ作、ショーのプロデュース、LAのラジオ局KLOSで司会を務める『Jonesy’s Jukebox』等、彼の人生における様々な局面を描いた同書は、サンダルやセルフィーをはじめとする「非ロックンロールなもの一覧」という、驚くほど詳細なリストで締めくくられている。「中でも最悪なのはハゲることだ」彼はそう話す。「ハゲたオッサンどもが洒落た帽子なんかをかぶってステージに立ってる。アホくさくて笑えるよ」

『勝手にしやがれ』の発表から40年、パンクムーヴメントを新鮮な視点で振り返る同書は、スティーヴ・ジョーンズという人物のあらゆる面を、時に愚直なまでに誠実に描いている。「こんなこと世に知れ渡ってもいいのかって自問することもあった」彼はそう話す。「でも決心したんだよ。全部晒しちまおうって」
Translation by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

TREND