妻夫木 聡が選ぶ『人生に影響を与えた映画』

By Momoe Okumura
(C)2017『愚行録』製作委員会

『シコふんじゃった。』(1992年)

(C) KADOKAWA 1992


DVD『シコふんじゃった』
発売中 ¥2,800+税

発売・販売 株式会社KADOKAWA
(C) KADOKAWA 1992

観ると元気になる映画です。楽しい要素が満載で、人を笑わせることは心を豊かにもできると気づかされます。世間に発表できるような発明をするわけでも、偉業を成し遂げるわけでもないけど、ただ一生懸命がんばる。それだけで、観ていてカッコ良いなと思います。


『スター・ウォーズ』シリーズ

Photo by CBS via Getty Images

『スター・ウォーズ』は昔から好きで、特にエピソード4、5、6がお気に入りです。実はエピソード1を最初に観た時、CGが多くてかなり落ち込んだんですよ。"おいおいジョージ・ルーカスどうした?エピソード1の時代のほうが栄えてるじゃないか!"なんて(笑)。僕としてはルーカスにしかできないこと、もっと人間関係の複雑な心情を描いて欲しかったんです。4から6まではダース・ベイダーとルーク・スカイウォーカーの親子の物語がきちんと描かれていたのに、エピソード1は急に人間関係が薄っぺらく感じられてしまって。それでも『スター・ウォーズ』シリーズ自体が好きなんですけどね(笑)。


番外編
最近観た映画で印象に残ったもの

『Mommy/マミー』(2014年)

(C)2014 une filiale de Metafilms inc. / Photo credit : Shayne Laverdiere


DVD『Mommy/マミー』
発売中 DVD¥3,800(本体)+税、Blu-ray¥4,700(本体)+税
発売元:ピクチャーズデプト
販売元:ポニーキャニオン
(C)2014 une filiale de Metafilms inc. / Photo credit : Shayne Laverdiere

グザヴィエ・ドラン監督の『Mommy/マミー』は、オアシスの曲が流れるシーンがちょっとしたギミックになっていて、一対一の画角がそのシーンでバッと横に広がったりするんです。主人公の世界も広がったんだなと思わせてくれますし、単純なことですけどドキっとさせられて。僕もああいった人間の想像力をかき立てるような作品に、ぜひ出演していきたいです。


SATOSHI TSUMABUKI
妻夫木 聡 1980年12月13日生まれ、福岡県出身。映画初主演を務めた2001年の『ウォーターボーイズ』で人気を集め、2003年の映画『ジョゼと虎と魚たち』で第77回キネマ旬報ベスト・テン主演男優賞、2010年の映画『悪人』では第34回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。そのほかの主な映画出演作に『マイ・バック・ページ』(11)、『東京家族』(13)などがある。2017年は、映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』『家族はつらいよ2』が公開。


『愚行録』
監督/石川 慶
出演/妻夫木 聡、満島ひかりほか
2月18日(土)より全国ロードショー
http://gukoroku.jp/


RECOMMENDED

TREND