スーパーボウル放映CMベスト&ワースト9選:企業がCMに込めたメッセージとは

By Rob LeDonne
スーパーボウル放映CMベスト&ワースト9選:企業がCMに込めたメッセージとは
第51回スーパーボウルで放映されたCMの数々。バドワイザーと84ランバーはトランプ大統領と入管にタックルを仕掛け、ジャスティン・ティンバーレイク、メリッサ・マッカーシー、ビル・ナイはスター・パワーを提供した。ローリングストーン誌が、当日に放映されたCMのベスト&ワーストを格付けする。

第51回スーパーボウルでアトランタの住民は、彼らの愛すべきファルコンズがボールを落とし、ペイトリオッツの歴史的な復帰を目の当たりにしながらも、少なくとも今年放映された堅実なスーパーボウルのCMからは慰めを得ることができた。すべてのCMが好評を博しているわけではないが、スーパーボウル・サンデー(スーパーボウル当日のこと)に放映されたCMは、単なるばかばかしいものから映画のような叙事詩的なものまで、ありとあらゆる範囲に及んでいた。以下にスーパーボウルで流れた最高の(そして最低の)CMの一部を紹介しよう。


最低:Persil(パーシル)『10次元でクリーンを科学(The Science of Clean: 10 Dimensions)』
イギリス人俳優のビル・ナイは、最も面白く、最も知的な人物の1人として知られている。しかし、この洗剤のコマーシャルには面白さも知的さも見当たらない。ナイが実際に、研究室で何か困っていると私たちに信じさせるためのエクストラ・ポイントが不足しているのだ。

Translation by Yuka Ueki

RECOMMENDED

TREND