難民危機の最前線で日々の営みを見つめる:映画『海は燃えている』

By RollingStone Japan 編集部
難民危機の最前線で日々の営みを見つめる:映画『海は燃えている』。 (C) 21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinema
前作『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』でヴェネチア国際映画祭・金獅子賞を受賞したジャンフランコ・ロージ監督が、新作『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』で難民危機にカメラを向けた。

地中海のイタリア領最南端に位置する島、ランペドゥーザ。住民約5500人のこの島には、日々難民が命がけで海を渡りやって来る。2011年の"アラブの春"によってアフリカ諸国の政権が揺れ動き、内戦が生じたことで多くの国から難民・移民が流出し、密航仲介業者が暗躍することで、地中海を渡ってヨーロッパを目指す人々が急増したのだ。

しかし、本作のカメラが見つめるのはランペドゥーザ島の淡々とした暮らし。自然の中で無邪気に遊ぶ少年、生死の狭間をさまよう難民たちの鬼気迫る表情、ありとあらゆる島の営み、それらを等列にありのままに映し出す。その美しく詩情豊かな映像の中に、観客はとりとめのない日常の幸福と、堪え難い人類の悲劇を同時に目撃する。

ヴェネチア国際映画祭の審査員長を務めたメリル・ストリープも、「現代を生きる私たちに必要な映画。この映画が世界中で公開されるためならどんなことでもする」と本作を熱く応援。各界の著名人らから絶大な支持を集め、世界中の映画祭を席巻中のロージ監督が、本作に込めた思いを静かに語った。


(C) 21Unoproductions_Stemalentertainement_LesFilmsdIci_ArteFranceCinema

—当初は短編を撮るためにランペドゥーザ島へ向かわれましたが、数分の映画に収めることは不可能だと判断し、島に移り住んだと聞きました。

ランペドゥーザ島というと、難民の悲劇とともに報道されることが多いですよね。でも、だからこそ難民の物語ではなく、そこに住んでる方々の日常の物語を描きたいと思いました。ランペドゥーザ島に対する人々の視点を変えたかったのです。それは短編に収めきれるようなものではなかったので、1年半島に滞在し、この映画を完成させました。

—ご自身もエリトリア出身の移民ですが、そのことは本作製作の動機と関係あるのでしょうか?

私自身のバックグラウンドについて聞かれることも多いですが、それはあまり関係ありませんね。人というのはもちろん過去によって作られる部分が大きいけれど、この映画を作っている時は自分がアフリカで幼少期を過ごしたということはあまり影響しなかったんです。これは、世界が今解決しなければいけない問題だと考えています。自分の出自や経歴というより、フィルムメイカーとしてこの物語を語らなければいけない、そう思っていたんです。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND