ザ・ウィークエンドとNavがコラボレートした官能的な新曲『サム・ウェイ』を聴く

JON BLISTEIN | 2017/02/19 16:00

| トロントのラッパー/プロデューサー、Navの初ミックステープ収録曲に参加したザ・ウィークエンド |

トロントを拠点にする新進気鋭ラッパー/プロデューサーのNavは、ザ・ウィークエンドがコラボレーションした官能的な新曲『サム・ウェイ』を公開した。

トロントを拠点にする新進気鋭のラッパー/プロデューサー、Navの新曲『サム・ウェイ』で、ザ・ウィークエンドがシルキーで挑発的なヴァースを披露している。

しなやかなパーカッションと優雅なシンセの高音メロディが印象的な本トラックでは、ザ・ウィークエンドが持ち前の官能的な歌声で、セックスとドラッグに満ちたダーティーな世界観を表現している。「そこの店に飾ってあるベルトは俺の腰にぴったり / 彼女の顔と俺の睾丸の相性はバッチリ」と歌うNavのロボットボイスは、ザ・ウィークエンドのカジュアルなファルセットと見事に調和している。

『サム・ウェイ』は、2月24日に公開されるNavの初ミックステープ『Nav』に収録される。同作は彼にとって、XO/リパブリック・レコーズと契約後初めての作品となる。トラヴィス・スコットの『ベイブス・イン・ザ・トラップ』への参加や、メトロ・ブーミンと共作した自身のトラック『アップ』等、過去数年間でプロデューサー/ラッパーとして注目を集めたNavは、昨年に自身の作品をコンパイルした『ザ・イントロダクション』を発表している。

現在ヨーロッパツアー中のザ・ウィークエンドは、4月25日に行われるバンクーバーのロジャーズ・アリーナ公演を皮切りに、『スターボーイ』の北米ツアーをスタートさせる。また彼は今年のボナルー・フェスティバルにヘッドライナーとして出演することが決定している。

Translation by Masaaki Yoshida

RECOMMENDED

おすすめの記事