ドビュッシーやロルカを魅了:消えゆくサクロモンテ・フラメンコのルーツを探る

By TOMOHIRO MIBU
ドビュッシーやロルカを魅了:消えゆくサクロモンテ・フラメンコのルーツを探る。
ドビュッシー、ファリャ、ロルカなど数多くの芸術家を魅了し、世界的なフラメンコ・アーティストを多数輩出した、フラメンコの聖地サクロモンテ。この地の洞窟には、かつて迫害を受けたロマたちが集い、独自の文化を形成していた。

ここで生まれた洞窟フラメンコの力強く情熱的な踊りや歌は多くの人を魅了したが、1963年にサクロモンテを襲った水害のせいで、ロマたちは住む場所を奪われてしまった……。現在上映中のドキュメンタリー映画『サクロモンテの丘〜ロマの洞窟フラメンコ』は、失われたサクロモンテの黄金時代を生き抜いてきたダンサー、歌い手、ギタリストたちにインタビューを敢行。その言葉を通して、このフラメンコ・コミュニティーのルーツと記憶を探っている。そこで今回は、本作を手がけたチュス・グティエレス監督に、サクロモンテのフラメンコの魅力について聞いた。

—この映画を観ていると、フラメンコのリズムが迫力満点なので、思わず映画館の中で拍手したくなります。

なんてステキな言葉なんでしょう! そうやって観ていただけたらうれしいですね。



—作中に登場するダンサーやミュージシャンたちは、椅子を半円に並べて歌ったり踊ったりしていましたが、あれはかつて洞窟の中で演奏していたというサクロモンテの人たちの演奏スタイルを再現したものなのでしょうか?

その通りなんですが、それを説明するためにはまずは歴史の話をしなければいけません。一説によると、ヒターノ(ロマ)たちがスペインのグラナダに着いたのは1492年、レコンキスタ(キリスト教国によるイベリア半島の再征服活動)でグラナダが陥落された頃だと言われています。当時の歴史はややこしいんですが、キリスト教国が進軍したときにヒターノたちも一緒についてきたんです。

RECOMMENDED

TREND