弱者を搾取する大手企業の真実:ある男の命がけの告発を映画化『汚れたミルク』

By RollingStone Japan 編集部
衝撃の実話の映画化『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』。(C) Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014
1997年、パキスタンで大手グローバル企業が起こした、不衛生な水で生成した粉ミルクによる乳幼児死亡事件。その裏では、子どもたちの命を救おうとある一人の男が命がけの行動を起こし、孤独に闘い続けていた。

アカデミー外国語映画賞を受賞した『ノー・マンズ・ランド』、ボスニア・ヘルツェゴビナのロマ民族の女性が体験した実話を映画化した『鉄くず拾いの物語』など、社会派作品で知られるダニス・タノビッチ監督が、再び実在の事件を題材に描いた映画『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』。

その男の名は、サイヤド・アーミル・ラザ・フセイン氏。あるグローバル企業は、パキスタンで乳幼児向けの粉ミルクを強引に販売していた。授乳可能な女性たちに対し、"母乳よりも栄養価が高い"などといった不適切な売り込みを続け、その結果、不衛生な水で溶かした粉ミルクを飲んだ乳幼児の病気・死亡率が増加したのだ。自分の販売した粉ミルクが子どもたちの命を脅かしていることを知ったフセイン氏は、勤めていた企業を訴えることを決意する。

実在の大手企業を告発した実話の映画化のため、企画は製作段階からかなり難航し、本編完成後も世界中で上映の目処は立っていない。そんな中、世界初となる映劇場公開がここ日本で実現した。

故郷を追われ、カナダへの亡命を余儀なくされたフセイン氏。ローリングストーン日本版は、スカイプを通じてフセイン氏にインタビューを敢行した。


(C) Cinemorphic, Sikhya Entertainment & ASAP Films 2014

―まず、ご自身の身の安全を冒してまで、企業を告発しようと思った動機とは?

そうですね。当時私は27歳で、パキスタンで多国籍企業に勤められるということは、特権でありステータスでもありました。

しかし、私が二人目の子の父親になる目前の頃、一人目の息子が転んで頭を怪我してしまい、私は慌てて息子を病院に連れて行きました。その間に帰ってきた妻は、誰もいない家の床に血がついているのを見て、混乱して裸足のまま家を飛び出し、外で泣いていたらしいのです。私たちの国では、女性が取り乱して外で泣くようなことはあり得ないというような風習があります。しかし、それくらい妻は動揺していたんです。それこそが、親であることの"痛み"なのだと感じた瞬間でした。

その後、私は目の前で生後4カ月の赤ん坊が亡くなると言う事実に直面しました。医者に「あななたちのせいだ」と責められ、そこで初めて自分が売っていた商品の副作用について聞かされたのです。私が告発したのはすなわち、親であることの痛み、また子どもが傷つくことの恐ろしさを、身をもって知ったからなんです。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND