エド・シーランがおもちゃの楽器で演奏する『シェイプ・オブ・ユー』

By RollingStone Japan 編集部
エド・シーランがおもちゃの楽器で演奏する『シェイプ・オブ・ユー』。
エド・シーランが、人気トーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」のジミー・ファロンとザ・ルーツと組み、大ヒット中の新曲『シェイプ・オブ・ユー』をおもちゃの楽器で披露した。

月曜深夜の人気トーク番組「ザ・トゥナイト・ショー」で、エド・シーランが番組のホストであるジミー・ファロンと、ヒップホップグループのザ・ルーツと共に、ヒット曲『シェイプ・オブ・ユー』をおもちゃの楽器で演奏した。

シーランは、木琴と笛とウクレレの音色に合わせて歌いながら、バナナの形をしたシェイカーを上下に振ってパーカッションも担当。このおもちゃの楽器によるアレンジは、ポップなスタジオ・ヴァージョンとはだいぶ趣きが異なるものの、この曲の陽気さや遊び心を存分に捉えており、特にザ・ルーツのハミングによるコーラスは素晴らしい。



『シェイプ・オブ・ユー』は、アトランティック・レコードから3月3日にリリースされるシーランのニュー・アルバム『÷(ディバイド)』に収録されている。シーランは、シングル『シェイプ・オブ・ユー』と『キャッスル・オン・ザ・ヒル』を先行して1月にリリースした。この2曲はビルボード・チャートで1位と6位にランクインしており、シングル2曲を同時にトップ10にランクインさせたアーティストはシーランが初となる。さらに2月には、3枚目のシングル『ハウ・ウッド・ユー・フィール(ピーアン)』もリリースされた。
Translation by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND