丸の内で爆音映画祭:最新作『キングコング』から鉄板『マッドマックス』も

By RollingStone Japan 編集部
丸の内で爆音映画祭:最新作『キングコング』から鉄板『マッドマックス』も。(C) 2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
爆音上映シリーズの最新企画が、3月25日(土)〜4月7日(金)までの2週間、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで開催される。

爆音映画祭とは、映画館に音楽ライヴ用の高品質な音響機器を設置することで、作品の持つ"音"の世界や可能性を極限まで探求し、高品質な大音量で作品を楽しむ特別上映。2004年に今はなき東京・吉祥寺バウスシアターを拠点に始動した同企画は、現在では全国の映画館、公共施設、ライブハウスなどで開催されている。

企画発起人の樋口泰人が、"これぞ爆音で堪能してほしい"と考える6本の名作を新旧織り交ぜ選出し、作品それぞれに適した音響調整を実施。アクション大作『キングコング:髑髏島の巨神』はスクリーンいっぱいに響き渡るキングコングの雄たけびを、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』では、エンジン音を轟かせ砂漠を爆走する戦車群を、ぜひ"爆音"で堪能したい。また、無限の宇宙を彷徨う『ゼロ・グラビティ』の"無音"の世界を、"爆音"でどう表現するのかにも注目だ。



丸の内ピカデリー爆音映画祭

会場:丸の内ピカデリー3
期間:3月25日(土)~4月7日(金) 
上映作品<全6作品> 
『キングコング:髑髏島の巨神』
『マッドマックス 怒りのデスロード』
『マッドマックス 怒りのデスロード<ブラック&クローム>エディション』 
『ダークナイト』 
『ゼロ・グラビティ』
『パシフィック・リム』


『キングコング:髑髏島の巨神』
監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリーほか
3月25日から日本公開。
http://wwws.warnerbros.co.jp/kingkong/
Text by Sahoko Yamazaki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND