宮野真守、映画『SING』で音楽の力を実感:ヒツジのエディに込めた想い

By TAKASHI TOKITA
宮野真守、映画『SING』で音楽の力を実感:ヒツジのエディに込めた想い。(C)Universal Studios.
"声優界の王子"と称される一方、俳優や歌手などアーティストとして活躍する宮野真守が、アニメーション映画『SING/シング』の日本語吹替に挑戦した。

動物だけが暮らす世界が舞台となる本作は、現実の壁に直面する動物たちが、歌のパワーで自信を得て、本来の自分を見出すまでを描く感動作だ。宮野は、主人公バスターの大親友である羊のエディの声を演じている。本作に出会った感想などを質問した。


(C)Universal Studios.

―本作は、大切な劇場を立て直すために、コアラのバスター・ムーンが仕掛けるたくさんの動物たちに向けた“歌のオーディション”の物語で、誰もが歌い出したくなるに違いないミュージック・エンターテインメントでした。

本当に面白い作品ですよね。こんなにすごいエンタメ映画が作れるんだって、すごく感動しました。数々の楽曲を聴くだけでテンションが上がりますが、それを動物たちがかわいく表現してくれていますよね。そこに心もほぐされつつ、物語が持っている真のメッセージ性に心打たれる。いろいろな感情が観た後に生まれましたね。本当に歌の力、音楽の力を感じさせてくれるので、そういうメッセージにもグッときました。

―主人公バスターの大親友エディ役は、演じてみていかがでしたか?

エディとバスターの関係性が、すごく素敵だなと思いました。お互いに足りない部分を補い合っていると思いましたし、エディはバスターの相談相手で彼を支えているようにも見えますが、実はボンボンで親のすねかじり(笑)。今は夢を持てず何もしていないから、上手くいかないけれど夢に向かって突き進んでいるバスターに、ちょっと憧れているところもあると思うんですよね。

―なるほど。その想いを念頭に置いて観ると、後半のエディの行動が感動を呼びますね。

そうですね。自信満々に突き進んでいたバスターがドン底まで落ち込み、立ち直れないくらいになった時、エディがそのバスターに手を差し出す。観ていて人として刺激を受けるシーンが多いので、そういうシーンは演じていてこみ上げてくるものがありました。だから人間性、いや動物性(笑)? エディに教えてもらうことも多かったと思いますね。

TOPICS

RECOMMENDED