MIYAVI インタヴュー:俺は止まらないし、振り返ってる暇もない

By RollingStone Japan 編集部
デビュー15周を迎えたMIYAVIが語る、過去、現在、未来の自分。
デビュー15周年記念ベストアルバム『ALL TIME BEST "DAY 2』のリリースを控えたMIYAVIが語る、過去、現在、未来の自分。

"サムライ・ギタリスト"の異名をとり、ハリウッド俳優としての活躍もめざましいソロ・アーティスト、MIYAVI。ピックを使わずに指で弾く独自の"スラップ奏法"で一躍脚光を浴びたMIYAVIは、その後もさまざまなスタイルやビートに挑戦し続け、自身の音楽の幅を広げてきた。デビュー15周年を記念したベストアルバム『ALL TIME BEST “DAY 2”』のリリースを間近に控えたMIYAVIが語る、これまでの15年とこれからの15年とは。

—デビュー15周年という節目のアルバムに、インデイーズ時代の音源も収録されていますね。『DAY2』というタイトルに込めた思いとは?

どの時代においても自分に関わってくれた人たち、応援してくれた人たち、その全ての人たちがいてくれたおかげで、今のMIYAVIがある。これは変わらない事実で、その点と点を一つの線にする。過去と未来を繋げる。その上で俺は止まらないし、振り返ってる暇もない。「次、行くぜ」って意味を込めて、『DAY2』というアルバムタイトルを名付けました。

—15年の活動を記す年表のような、または自分の歴史を紐解くような作業だったのでしょうか?

自分でもなかなか(過去の曲は)聞けないですよ(笑)。かといって過去を否定するつもりもない。その過去があって、今の現在進行形の自分がいる。たくさんの間違いもしたし、たくさんの失敗もあった。でも何一つ後悔してない。過去があったから今の俺がいるそういう意味では、過去を決定づけるのも今だし、今を決定づけるのは未来なんですよね。

—過去の自分があって今の自分がある。その思いを再確認したのですね。

確実に軌跡としてそこにある。そこに誇りは持ってないと。それを否定したら、人生が嘘になっちゃうので。

—時代とともにジャンルやスタイルも変遷してきたと思うのですが、それらを振り返るいい機会となったのでしょうか?

ビートが時代を作るんですよね。メロディは変わらない。ジャム&ルイスのテリー・ルイス、彼はもともとプリンスのバンドにいてジャネット・ジャクソンの『リズム・ネイション1814』を手がけたプロデューサーですけど、いつも「メロディ・イズ・ザ・キング」と言ってましたね。「MIYAVI、メロディこそが王様だよ」と。マイケル・ジャクソンが言ってた言葉らしいんですけど、やっぱり音楽はメロディなんですよね。いつの時代もメロディが大切なことは変わらなくて、そこに違いをつけるのがビート。俺も色々な時代のビートに囲まれてやってきたし、今現在もそう。インプットとアウトプットを繰り返しながらやってきた。そういう時代の流れの中で、自分がアーティストとしてどう居られるのか。

変わらずにいようとしたら、変わらないといけない。地球が回ってるんだから、色々なものも回り巡ってる。価値観でさえ日々変わっていく。その中で"自分でいる"って、簡単なようで簡単ではないというか。止まってると戻っちゃうんですよ。筋肉と一緒で使わなければ退化する。常に巡る、そういう意識は持ってますね。時代とともに新陳代謝を繰り返していく。それある意味、ソロアーティストの特権ですよね。デヴィッド・ボウイ然り、ジェフ・ベック然り、プリンス然り。プリンスなんて、名前も記号に変えちゃうわけだから(笑)。バンドと違って、ソロにはソロの自由がある。
Interview by Sahoko Yamazaki (RSJ)

TOPICS

RECOMMENDED

TREND