『イップ・マン 継承』:川井憲次が迫力のバトルシーンを盛り上げる音楽の秘密を解説

By TOMOHIRO MIBU
川井憲次が『イップ・マン 継承』の迫力のバトルシーンを盛り上げる音楽の秘密を解説。(C) 2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.
伝説のカンフー・スター、ブルース・リーが、その生涯で唯一師匠と呼んだ武術"詠春拳"の達人イップ・マンを描いた待望のシリーズ最新作『イップ・マン 継承』が遂に日本上陸。

伝説のカンフー・スター、ブルース・リーがその生涯で唯一、師匠と呼んだ武術"詠春拳"の達人イップ・マンの人生を『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で注目を集めるドニー・イェン主演で描き、中国で驚異的な大ヒットを記録した"イップ・マン"シリーズ最新作『イップ・マン 継承』がいよいよ日本上陸。迫力あるファイトシーンをさらに盛り上げる音楽を生み出した川井憲次に、その裏話を聞いた。


(C) 2015 Pegasus Motion Pictures (Hong Kong) Ltd. All Rights Reserved.

—『イップ・マン』シリーズも3作目ということで、心がけたことはありますか?

前作の空気感を踏襲したいと思っていたので、メインテーマやサブテーマのメインモチーフはそのまま使って、空気感を持続させたいなと思いました。

—『イップ・マン』シリーズは全体的に音楽のボリュームが大きめになっているように感じるのですが。

音量に関しては、僕は一切いじっていないので、きっと現地のミキシングでやっているんだと思います。でも確かに向こうの映画は音楽の音量が大きいような気がします。それはうれしいことなんですけどね。日本の映画だと、銃声や爆発音がビックリするほど大きいのに、音楽が小さいことがあります。

—『イップ・マン』シリーズは、音楽もバトルのひとつであるような気になります。

そうですね。イップ監督もそういう風に捉えてくださっているみたいですね。それは音楽家にとってはうれしいことですよ。なるべく音楽は出してほしいですからね。

—『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』の時にウィルソン・イップ監督と初めてタッグを組んだんですよね?

ツイ・ハーク監督の『セブンソード』という映画をやった時に、イタリアでパーティーがあって。その時にドニーさんから「憲次さんにやってもらいたい映画がある。監督を紹介するね」と言われて。その後、香港に行って会ったのがイップ監督だったんですよ。

—『イップ・マン』は、カンフーの迫力はもちろんのこと、人間ドラマも実にいいですね。

やはり監督のセンスがいいんですよ。僕はイップ監督のセンスはすごく好きですね。名前が紛らわしいですが(笑)。

TOPICS

RECOMMENDED

TREND