曽我部恵一が語る『忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー』開催への思い

By Joe Yokomizo
2017年5月9日「サニーデイ・サービス presents 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 中野サンプラザホール Love&Peace 」をプロデュースする曽我部恵一
5月9日(火)中野サンプラザにて、曽我部恵一率いるサニーデイ・サービス がプロデュースする「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー」が開催される。曽我部恵一が、その開催にかける思いを語る。

今年は5月9日(火)@中野サンプラザでの開催となる「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー」は、正式タイトル『サニーデイ・サービス presents 忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 中野サンプラザホール Love&Peace 2017年5月9日』が示す通り、曽我部恵一率いるサニーデイ・サービス がプロデュースを担当し、そこに、仲井戸CHABO麗市を筆頭に、佐藤タイジ、TOSHI-LOW、志磨遼平、 原田郁子(クラムボン)、中納良恵(EGO−WRAPPIN’)といった清志郎を愛するアーティスト達が集うという実に興味深い展開だ。5月9日の開催を前にライヴの要となる、曽我部恵一に話を聞いた。

―先ずは曽我部さんのRCサクセションとの出逢いから教えてください。

テレビで『い・け・な・いルージュマジック』を見たのが清志郎との出逢いです。レコードは『HEART ACE/ハートのエース』
(1985年11月リリース)を買ったのが最初。『ロッキング・オン』にインタヴューが載っていて、興味を持ちました。

―さて、5月9日(火)に開催される「忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー」は〝サニーデイ・サービス presents″なわけですが、そうなった経緯は?

なぜかサニーデイに白羽の矢が立ったのですが、理由ははっきり知りません。あいつらだったら必死にやるんじゃないか、と思われたのかも。

―なるほど。で、〝サニーデイ・サービス presents″というのは具体的に言うと?

ぼくたちが仕切ります。第1部はぼくらが『HEART ACE/ハートのエース』のアルバムを全曲カバーします。自分たちの、今の、RC/清志郎をやります。第2部はゲストにたくさん来てもらって、その人たちによるRC/清志郎の解釈をバッキングします。

―第1部では曽我部さんが最初に買ったRCのアルバム『HEART ACE/ハートのエース』を全曲カバーするんですね!ただ、正直、有名なアルバムではないと思うんですが『ハートのエース』を完全再現する意味、意図、想いを教えてください。

アルバムを一枚そっくりそのままやるというのは、有名曲を少しずつカバーするのとはちょっと違います。今、リハーサルを続けていますが、アルバム全体をやることによって、そのときのRC/清志郎の体温や調子や思想が伝わってきます。全曲やることが大切で、どのアルバムでも良いのですが、ぼくがロックンロールを聴き始めた時期に出逢った初めてのRCということで、このアルバムはちょうど良い気がしています。

RECOMMENDED

TREND