注目バンド"パスピエ"が表現する音楽とアート、その背景とは

By RollingStone Japan 編集部
自らのバンドの性質を"印象派"と称し展開するロックバンド・パスピエ
自らのバンドの性質を"印象派"と称し、音源やライヴだけではなくMVやジャケットのアートワークなど、多角的な表現を展開するロックバンド・パスピエが、今注目されている。

さまざまなジャンルが入り混じった音楽に独特な歌詞とメロが乗った楽曲は、一度聴くと頭から離れない不思議な引力を持っている。クラシック畑からロックへと転向した経緯をもつメイン・コンポーザーの成田ハネダ(Key)と、ジャケットやMVのアートワーク、歌詞を一挙に手掛ける芸術畑出身の大胡田なつき(Vo.)の出会いからスタートしたというパスピエだが、その時どんな化学反応が起きたのか。それぞれのバックグラウンドからバンドの成り立ちをたどることで、その引力の秘密に迫ってみた。
 

-今年1月にリリースされた『&DNA』という作品を聴いて、まず第一印象として良い意味で掴みどころがないバンドだな、と思ったんです。
 
成田ハネダ(以下 成田):掴みどころがないというのは、僕ら自身まだ模索中だからかもしれないですね。この5年間のなかではオリエンタル感みたいなのを推していこうという時期もありましたし、もっとライヴソングをいっぱい作っていこうみたいな時期もありましたし。その時々のベクトルによって曲調がガッツリ変わるんです。
 
―音楽的なバックグラウンドで言うと、どういうところなんですか?
 
大胡田なつき(以下 大胡田):私は主に母親が聴いていた音楽ですかね。石田あゆみさんとか、昭和の歌謡曲。それが音楽に興味を持つはじまりでした。今のパスピエの音楽にしても曲の世界観がそのあたりの時代だったり、歌詞に普段使わないような古典から引用してきた言葉をよく入れていたりしているので、そういうところに影響していると思います。
 
―そういえば歌詞もすべて日本語で構成されていますね。
 
大胡田:やっぱり私は日本人だし、それの方が真実味があるというか、借りてきた言葉ではない気がして。表現において自分の中からちゃんと出てくるものを使いたいと思っているので。
 
―歌詞のアイディアは具体的にどういうところから出てくるんですか?
 
大胡田:最近はバンドの音とメロディから浮かぶことが多いです。以前は昔から書きたかった題材から持ってきたりしていたんですけど、やっぱり今を生きていて感じたことを書くというのは自然な行為だと思うので、今回のアルバムとかは本当にその手法がほとんどです。たとえば『夜の子供』という曲は、漂っている闇の感じの音だったので、そこから広げていって。全然怖いものではないんだけど、ちょっと妖しさもある。子供の頃とかって、夜になると怖いけどワクワクしたり、ちょっと夜更かししてみたいなって思ったりしたじゃないですか。そういうイメージで書きました。
 
Interview by Rika Suzuki (RSJ)

RECOMMENDED

TREND