グレイトフル・デッド、歴史が詰まった写真集が発売|フォトグラファーが語る11枚

Rolling Stone | 2018/01/02 11:00

| 写真集『アイズ・オブ・ザ・ワールド:グレイトフル・デッド写真集1965〜1995』が発売された © Rosie McGee |


ボブ・ディランとデッド(撮影:ブレークスバーグ 1987年)

© Jay Blakesberg

「この時俺はまだバンドの単なる1ファンで、特別な場所へアクセスできる入場許可証なども持っていなかった」と、バンドを象徴する1987年のツアーの模様を撮影したブレークスバーグは振り返る。「早い時間に会場入りし、ステージがよく見える場所を確保した。フィルムを10ロールぐらい使ったが、その中には自分でも満足の行くショットが何枚か撮れた。特にこの写真はお気に入りだ。ボブ・ウェアは80年代後半に彼のトレードマークともなっていたデイジーデュークを履き、写っている彼らのプレイする姿からは何か素晴らしいエネルギーを感じる」


ジェリー・ガルシア(撮影:ラス・デュゴニ 1974年)

© Russ Dugoni

「これがラスト・ライヴになるんじゃないかって噂もあった」とラス・デュゴニは言う。デュゴニは、1974年秋にウィンターランド・アリーナで行われた連夜のライヴの内2公演を撮影している。「このショットは、ジェリーが『ダーク・スター』か『モーニング・デュー』の甘いソロを奏でている姿を、ステージに肘をついて撮影したものだ。フィルムの最後の1枚だったよ」

Translated by Smokva Tokyo

RECOMMENDED

おすすめの記事