RS BAR Vol.01 GUEST : KIRINJI

By RollingStone Japan 編集部
1107_bar_01

5月某日、15時。第一回のゲストであるキリンジの堀込泰行、堀込高樹と銀座にある「SAPPHIRE by RAGE」で待ち合わせ。真っ昼間から宴会スタートってことで……。

——普段、バーとか来ますか?

堀込高樹(以下、高樹)「今は子供もいるんで、最近は家で飲むことが多いですね。でも、好きなのはレコードがいっぱいあるバー。『あの何年の誰それのライヴがさ……』とかいうと、2分後くらいにもうその曲をかけてくれてるっていう。そういうのってうれしいですよね」

——ああ、それわかります。

高樹 「例えば、細野晴臣さんの話してたら、YMOとかかけてくれるんじゃなくて、『omni Sight Seeing』とかかけてくれると、『なぬっ! わかってるな』とか思いますね(笑)」

——確かに(笑)。あと、ライヴハウスとかクラブとかって必ず音楽と酒があるわけですが……。

高樹 「たいがいバンドが演奏して、お客さんがお酒を飲んで、ということから音楽が発展しているから……切っても切れない関係でしょうね」

堀込泰行(以下、泰行) 「僕はたいていライヴを観に行く前に、お酒を飲みますね。以前、ブライアン・ウィルソンが来日した時、『スマイル』の再現ライヴだったんですが、アルコールとレコーディングの疲れで、うっかり爆睡しちゃった残念なこともありまして(笑)」

RECOMMENDED

TREND