藤原 洋 インタヴュー 「原子力から再生可能な太陽光発電にシフトすることが、非常に大切です」

By RollingStone Japan 編集部

1107_poli_01
藤原 洋 インタビュー
20世紀後半〜21世紀にかけて、アメリカで起きたデジタル情報革命を第三次産業革命と呼んでいる。その第三次産業革命を担ってきたインターネット社会のパイオニアのひとりが電子情報工学博士・藤原 洋。彼が次に提唱するのが第四次産業革命、すなわち環境エネルギー革命である。

——電子情報工学専門の藤原さんが自然環境エネルギー問題に取り組んでいるのは意外な気がします……。
「私が専門としてきたインターネットの本質は自律分散型であることと参加型であること。例えば、インターネット端末は各自が好きなものを所有し集中点がない。これが自律分散型。それからウィキペディアというのは、ひとりの学術権威が作ったわけでなく、インターネットに繋がる人全員の財産。これが参加型ということ。エネルギーもこうした構造を受け継ぐべきなのに、実態はその逆。電力会社による一極集中、非公開の文化だった。それをネット文化と同様に変革したいわけです」

——その立場から見た今回の福島原発の事故はどんな風に映りますか?

「まずはあってはならない事故が起きた。そして、これは起こるべくして起きた事故だということ。つまり、産・学・官の連携による人災です。今回の地震の規模は地球物理学的には想定内。それを原子力工学者は無視して、専門分野でもない津波を予想していた。サイエンスに忠実でなければならない工学が、原子力に関してはポリティクスに忠実だったというわけです。原子力の安全神話をつくってきたムーヴメントに浸っていたアカデミズムの責任は重い。そして、これからのアカデミズムは真実を伝えて行く必要性があります。メルトダウンの問題もそうです。彼らの言い分は、情報を不確かなままオープンにするとパニックになるというものでしたが、本来は、『不確かだ』ということを言って、オープンにするべきなんです」

——ドイツが2022年までに原子力発電所の全廃を決めました。日本はどうするべきでしょうか?

「日本は地震大国です。そういう土地での原発は全廃を前提に停めるべきです。なくす、停める、というとネガティヴに聞こえるが、そうではなくて、次のテクノロジーにシフトするという考え方が必要です。原子力から“再生可能なエネルギー=太陽光発電”にシフトすることを大前提のポリシーとして掲げることが、非常に大切だということです。そもそも、原発というのは、もう60年前の古い技術。テクノロジーの進化で言えば、その間、半導体という技術ができ、それが情報社会をつくってきたわけです。そしてエネルギー革命もこの半導体で起こりつつあります。太陽光電池は半導体ですから」

——そういう大きなヴィジョンに向かい、国が政策を切るべきだと?

「そうです。日本はこういう再生可能のエネルギー政策を考えなければいけない。ドイツはそれをやった。それがフィードインタリフ制度(*1)です。そのおかげで新産業が成長しました。景気が悪いと言って古い企業を守るのは逆で、新しい企業や新しい技術が発展するように国がバックアップする政策を採るべき。海外では新しいイノベーションがあると政治がそれを押しましたが、日本の政治は既得権益を保護してきた。今回の福島の失敗は、まさにそれ。新政権が悪いという問題じゃなくて、イノベーションを進める方に政策を打てるかどうかです。そこを直していけばいいわけです」

RECOMMENDED

TREND