山﨑養世 インタヴュー 「原発の国民投票をやるべき。それができないなら、 解散総選挙で白黒はっきりすべき」

By RollingStone Japan 編集部

blog_yasuo-yamazaki_001 山﨑養世 インタヴュー
先日、「太陽経済の会かながわ会議」が開催された。その進行役は自然エネルギーを推進する神奈川県知事・黒岩祐治。そこに孫 正義らが参加し、“原発から太陽光へ”をキーワードに議論を展開した。
そこで最も熱く、明解なメッセージを発していた太陽経済の会・代表理事、山﨑養世。太陽エネルギーで21世紀の日本、いや世界を変える男への独占インタヴュー。


——まずは「太陽経済の会」の概要からお願いします。
「20世紀はひらたく言えば“石油経済の時代”でした。“次に来る時代は何の経済?”と考えたら、それは太陽経済。今までは、昔の太陽が作ってくれたものを地面から堀り出す文明だった。ところが、その掘り出すもの、石油や石炭といった化石燃料はどんどん値段が上がり、そして間もなく枯渇する。そんなことをしなくても太陽自体がエネルギーとして圧倒的。1時間の太陽光の放射で人間が1年間で使っているエネルギーを賄えてしまいます。その太陽ですべての食べ物ができている。水も太陽があって循環しているし、それを動物、もちろん人間も摂取して生きています。だから、“今の太陽で今の我々は生きて行こう、生きて行ける経済を作ろう”がこの会の考え方。“お天道様でみんな生きて行こう!”という当たり前の考え方です」

 

——どの国でも可能な方法ですよね。

「そこがポイントです。太陽はみんなのもの、どの国にも太陽は降り注ぐ、ユビキタスなもの。太陽をエネルギーにすることで、大きな変化が生まれる。例えば、多くの戦争はなくなる。今まで石油を巡りどれくらいの戦争が起こったことか……。ただ、日中はいいけど夜はどうするかという問題はあります。でも、どの国も平等。そうなると各国に“シェア”という考え方が生まれてきます」

——理想のエネルギーだというのはわかりますが、コスト問題が……。

「太陽光、あるいは自然が放つエネルギーはすべて無料なので燃料代は要らなくなるんです。それと、原子力エネルギーが安いというのはウソですよ。今回の福島の件でそのことはよくわかる。何かが起きればあれだけ幅広い地域で人が住めなくなるかもしれないというコストがかかっている。石炭も石油もここ10年で5倍以上コストが上がっています。みんなそのコストを払うために窮々と働いている。去年、日本の一家族が化石燃料に払ったお金は平均で100万円。その燃料自体がタダになるわけです。もちろん、最初の設備投資にお金はかかる。ただ、これも普及していくなかで、化石燃料とは逆でどんどんコストダウンします。最初のコストがかかったとしても、そのお金は日本の中で回る。別にそのお金を中東に払うわけじゃない。それはどの国も同じで国内でお金、経済が回りだすんです」

RECOMMENDED

TREND