ファッション  FASHION


LEWIS LEATHERS × HYSTERIC GLAMOUR|永遠のロックアイコン 反骨のライダース

201301 lr p002 001 LEWIS LEATHERS × HYSTERIC GLAMOUR|永遠のロックアイコン 反骨のライダース

いつしか反逆精神の象徴となり、多くのミュージシャンに愛されるようになったライダースジャケット。50年代のアメリカの暴走族を描いた映画『乱暴者』でマーロン・ブランドがダブルの革ジャンを着用したことをきっかけに、70年代にはダブルのライダースはロッカーたちのユニフォーム的存在となった。新たな時代を切り拓く彼らはジャケットにバンド名をペイントしたり、鋲を打つなどして、生き様そのものをファッションに投影した。

1892年にイギリスで誕生したルイスレザーもまた、ラモーンズなどのパンクロッカーたちに愛された。ここに紹介する“ライトニング”は70年代にジョーイやマーキーがツアーで着たり、映画『Rock‘n’Roll High School』(原題)でも着用。4つのジップポケットとフロントに向かって配されたダブルストラップが特徴で、内側の赤のキルティングコットンは見た目のインパクトだけでなく、夏は涼しく、冬は暖かく過ごす工夫でもある。

その伝説のライダースジャケットが、ヒステリックグラマーと出会った。オリジナルワッペンと丸鋲が打たれ、ここに70年代流DIY精神を再現。シンプルな革ジャンに物足りなさを感じていたなら、次はこれだ。

しなやかで艶っぽいこだわりのレザーは伝説モデルそのままだ。ジャケット16万5900円(Lewis Leathers × HYSTERIC GLAMOUR/ヒステリックグラマー TEL : 03-3478-8471)

Photographs by Kazuhiko Tawara
Text by Mikako Sakai((RSJ)


COMMENT

facebook

twitter